[修正済み] Win32Bridge.server.exe Windows10での不正な関数エラー

Windows 10マシンでWin32Bridgeサーバーの問題を取り除く方法についてのヘルプをお探しですか?私たちはあなたのための解決策を持っています。

このエラーメッセージはポップアップし続けるため、非常にイライラする可能性があります。さらに、それはあなたが取り組んでいることに干渉する可能性があります。ほとんどの場合、影響を受けるコンピューターは正常に動作しますが、エラー通知は表示され続けます。



Win32bridgeサーバーの問題の原因は何ですか?

このエラーが発生した場合は、「なぜwindowserver32bridgeエラーが発生し続けるのですか?」と疑問に思う必要があります。何人かのWindowsユーザーは、システムを起動するたびに、特にWindowsの更新後に、「Win32Bridge.Server.exeの不正な機能」通知がポップアップすることを報告しました。



このエラーの原因となる最も一般的な原因は、Cortanaアプリケーションの破損またはWindowsOSのインストールです。場合によっては、ユーザーがGlaryやiTunesアプリなどのユーティリティをインストールしたときにエラーが発生しました。

一部のユーザーでは、「Win32Bridge.Server.exeIncorrectfunction」エラーが原因でBSODが発生しました。



「Win32Bridge.Server.exe不正な機能」エラーを修正する方法

解決策1:Cortanaアプリケーションを修復またはリセットする

Win32Bridgeサーバーの問題を引き起こす可能性のある主な理由の1つは、Cortanaアプリケーションが破損している場合です。その場合は、Cortanaアプリを修復するか、デフォルト設定にリセットすると、問題が解決する可能性があります。

これを行うには、以下のガイドに従ってください。

  1. キーボードのWindowsキーを押し、歯車アイコンをクリックして設定アプリを起動します。
  2. [アプリ]> [アプリと機能]に移動し、インストールされているアプリと機能のリストからCortanaを見つけます。検索をすばやく行うには、検索バーに「Cortana」(引用符なし)と入力します。
  3. Cortanaが表示されたら、それをクリックして、[詳細オプション]を選択します。
  4. [リセット]セクションに移動し、[修復]ボタンをクリックします。このアクションにより、システムはCortanaアプリケーションの修復を試みるように促されます。このプロセスはアプリのデータには影響しません。
  5. 修復が完了したら、システムを再起動して、「Win32Bridge.Server.exeIncorrectfunction」エラーが解決されたかどうかを確認します。

そうでない場合は、Cortanaアプリケーションをリセットしてみてください。そうするために:

  1. 上記の手順1〜3を繰り返し、[リセット]セクションで[リセット]ボタンをクリックします。これにより、アプリのすべてのデータが消去され、デフォルト設定にリセットされます。
  2. もう一度、システムを再起動して、エラーが消えたかどうかを確認します。

この修正により、Win32Bridgeサーバーの問題が解消されます。



解決策2:Cortanaアプリを無効にするか削除する

Cortanaアプリケーションの修復またはリセットがうまくいかなかった場合は、無効にすることで問題が解決する可能性があります。これは、Cortanaを使用しない場合、または地理的な制限のためにCortanaアプリケーションを使用できない場合に特に役立ちます。

Cortanaを無効にするには:

  1. Win + Sキーの組み合わせを押して、Cortanaを入力します(引用符は含みません)。
  2. Cortanaアプリを右クリックし、[アプリの設定]を選択します。
  3. [ログイン時に実行]オプションで、Cortanaスイッチを[オフ]に切り替えます。
  4. 次に、タスクマネージャを開きます。これを行うには、タスクバーを右クリックして[タスクマネージャー]を選択するか、Ctrl + Shift + Escショートカットキーを使用します。
  5. [スタートアップ]タブを見つけてクリックし、スタートアップアイテムのリストを開きます。 Cortanaを見つけて右クリックし、[無効にする]を選択します。
  6. Windowsを再起動して、今行った変更を適用します。

「Win32Bridge.Server.exeの不正な機能」の問題を解決する必要があります。これが機能しない場合は、以下の方法を試してください。



グループポリシーエディターを使用してCortanaを無効にする

グループポリシーエディターを使用して、Cortanaをデバイスで許可するかどうかを指定できます。この設定を構成しないか、有効にすると、Cortanaがデバイスで許可されます。設定を無効にすると、機能がオフになります。これは、Cortanaがアカウントに接続されず、Microsoftアカウントの詳細にアクセスできないことも意味します。

グループポリシーを使用してCortanaを無効にする手順は次のとおりです。

  1. 最初のステップは、アカウントからログオフすることです。これを行うには、Cortana検索ボックスを開き、左側のペインの家のアイコンの下にあるノートブックアイコンをクリックします。
  2. [自己紹介]を選択して、Cortanaとの接続に使用したメールアドレスを開きます。
  3. あなたのメールアドレスをクリックしてください。アカウントの詳細を含む小さなウィンドウがポップアップ表示されます。サインアウトするオプションが表示されます。それをクリックすると、Cortanaからログアウトされます。
  4. 次に、Win + Rキーの組み合わせを使用して[実行]ダイアログボックスを開き、「msc」(引用符なし)と入力して、Enterキーを押すか、[OK]をクリックします。これにより、ローカルグループポリシーエディターが開きます。
  5. パスに移動します:

ローカルコンピューターポリシー>コンピューター構成>管理用テンプレート> Windowsコンポーネント>検索

クロムは遅いウィンドウズ10です
  1. ウィンドウの右側で、[Cortanaを許可する]オプションを右クリックし、[無効]ラジオボタンをクリックします。
  2. システムを再起動します。 CortanaSearchとBingSearchを無効にする必要があります。

ここで、「Win32Bridge.Server.exeIncorrectfunction」エラーが解決されたかどうかを確認します。



解決策3:システムファイルの破損を確認する

システムが正しく機能するために必要なファイルが破損している場合は、「Win32Bridge.Server.exeの不正な機能」の問題が発生する可能性があります。これを修正するには、Windowsの組み込みSFCおよびDISMツールを利用する必要がある場合があります。ツールは、ファイルの破損についてシステムをスキャンし、それらの修復を試みます。

SFCスキャンを実行するには、次の手順に従います。

  1. 管理者特権のコマンドプロンプトを開きます。これを行うには、Win + Xショートカットキーを使用して、コマンドプロンプト(管理者)を選択します。オプションが利用できない場合は、キーボードのWindowsロゴを押して、「cmd」(引用符なし)と入力します。 [コマンドプロンプト]を右クリックし、右側のウィンドウで[管理者として実行]を選択します。
  2. [コマンドプロンプト]ウィンドウで、このコマンドを入力し、Enterキーを押します。

sfc / scannow

注:プロセスが最後まで実行されるようにしてください。 SFCスキャンでシステムファイルに問題が見つかった場合、SFCスキャンはそれらの修復を試みます。

  1. システムを再起動し、エラーが消えたかどうかを確認します。

SFCスキャンでWin32Bridgeサーバーの問題が修正されない場合は、DISMコマンドを試してください。

  1. 上記の手順1に示すように、管理者としてコマンドプロンプトを実行し、次のコマンドを実行します。

Dism / Online / Cleanup-Image / RestoreHealth

bugcode_usb_driver usbhub.sys

このコマンドは、画像サイズとシステム仕様に応じて、20分から4時間以上かかります。

  1. もう一度、Windowsを再起動して、問題が解決したかどうかを確認します。

解決策4:CDPUserSvcを非アクティブ化する

Connected Devices Platform(CDP)は、カレンダー、メール、連絡先、OneDriveなどのデータを同期するサービスです。これらのアプリケーションを使用しない場合でも、サービスを無効にしても問題はありません。このプロセスのためにレジストリを編集する必要があります。

レジストリは、システムが正しく機能するために不可欠であることに注意してください。間違いがあると、修復不可能なエラーが発生し、PCが動作しなくなる可能性があります。したがって、続行する前に必ずバックアップを作成してください。また、CDPUserSvcを非アクティブ化するには、以下に概説する手順を慎重に実行することをお勧めします。

  1. Win + Rキーボードショートカットを使用して、[実行]ボックスを起動します。
  2. 「regedit」(引用符なし)を入力して「Enter」キーを押すか、[OK]を押します。
  3. UACプロンプトで[はい]をクリックします。
  4. レジストリウィンドウで、次のパスを開きます:HKEY_LOCAL_MACHINE SYSTEM CurrentControlSet Services CDPUserSvc
  5. ウィンドウの右側で、[開始]をダブルクリックして値を編集します。
  6. 表示されるポップアップ画面で、値を4に変更します。この操作により、サービスが非アクティブ化されます。
  7. レジストリを終了し、システムを再起動して変更を有効にします。

これにより、Win32Bridgeサーバーの問題が解消されます。

最後に…

レジストリと言えば、BSODを含むさまざまなシステムエラーが発生しないように、定期的なメンテナンスが必要です。レジストリの問題は、アプリケーションをインストールまたはアンインストールするときやWindowsを更新するときなど、通常のPCの使用から発生します。突然の停電などにより、システムが不適切にシャットダウンした場合にもエラーが発生する可能性があります。

システムの不具合、フリーズ、およびクラッシュの可能性を防ぐために、 BoostSpeedレジストリクリーナー 定期的に。このソフトウェアは、Windowsレジストリをクリーンアップ、修復、および最適化し、既存のエラーが排除されることを保証します。

レジストリクリーナーは、アンインストールされたソフトウェアの残りを取り除き、クリーンなアンインストールを保証します。 Windowsレジストリは、Windowsシステムで行うすべてのコアであるため、それをいじりたくはありません。レジストリクリーナーは、レジストリの問題を修正するための安全な方法を提供します。さらに、削除する対象を完全に制御できます。

Windows 10 PCで「Win32Bridge.Server.exeIncorrectfunction」エラーを解決できましたか?以下にコメントしてお知らせください。