Ucrtbase.dllとは何ですか?関連するエラーを修正する方法は? [回答済み][ディスクリカバリ]

概要 :

ucrtbase dll

多くの人が遭遇します ucrtbase dll Windowsでのアプリケーションクラッシュエラー。 ucrtbase.dllとは何ですか?関連するエラーを修正する方法は?今、あなたは正しい場所に来ます。この投稿の MiniTool それらを詳細に説明します。

クイックナビゲーション:

Ucrtbase.dllとは



ucrtbased dllファイルは、のソフトウェアコンポーネントです。 Microsoft Visual C ++ これはMicrosoftが開発したIDEです。これは、コンピュータに脅威を与えることのない、正規のWindowsファイルおよびダイナミックリンクライブラリファイルです。つまり、Microsoft Visual C ++パッケージを必要とするアプリケーションまたはプログラムをインストールすると、インストールフォルダー内にucrtbase.dllファイルが見つかる場合があります。

ucrtbase dllがWindowsシステムにとって安全かどうかを判断するにはどうすればよいですか?通常、ファイルはにあります C: Windows System32 ディレクトリとWindowsの既知のファイルサイズは約 1,181,208バイト 。ただし、ucrtbase dllファイルが元の場所にない場合は、 ウイルススキャンを実行する その安全性をチェックします。



ucrtbased dllは、多くのアプリケーション、ゲーム、またはWebブラウザ拡張機能で必要とされるコアWindowsシステムファイルであるため、アプリケーション/ゲームのクラッシュエラーが発生する可能性があります。 ファイルが削除されます 、置き忘れ、または破損しています。 ucrtbasedllに関連して最も一般的に発生するエラーは次のとおりです。

  • ucrtbase.dllが見つからなかったため、このアプリケーションを起動できませんでした。アプリケーションを再インストールすると、この問題が解決する場合があります。
  • ucrtbased.dllが見つからなかったため、コードの実行を続行できません。プログラムを再インストールすると、この問題が解決する場合があります。
  • モジュールucrtbase.dllがロードされましたが、エントリポイント DllRegisterServerが見つかりませんでした 。 ucrtbase.dllが有効なDLLまたはOCXファイルであることを確認してから、再試行してください。
  • dllがWindowsで実行するように設計されていないか、エラーが含まれています。元のインストールメディアを使用して、プログラムを再インストールしてみてください。
  • ucrtbased.dllの読み込み中にエラーが発生しました。指定されたモジュールが見つかりませんでした。



ucrtbaseddllが見つかりません

これらの問題にも悩まされている場合でも、心配する必要はありません。次のパートでは、いくつかの効果的な修正を要約します。

Ucrtbase.dllによるアプリケーションエラーを修正する方法

広範なユーザーレポートを分析した後、ucrtbase.dllアプリケーションエラーのいくつかの一般的な解決策を見つけました。試してみましょう。

#1。SFCスキャンを実行します



上記のように、ucrtbaseddllは重要なWindowsシステムファイルです。ファイルが見つからないか破損すると、さまざまなアプリケーションのクラッシュの問題が発生する可能性があります。システムファイルを修復するには、 SFC スキャン。

ステップ1。 タイプ cmd 検索ボックスで、右クリックして コマンド・プロンプト 一番上の結果から選択します 管理者として実行

ステップ2。 管理者特権のコマンドプロンプトで、次のように入力します sfc / scannow コマンドとヒット 入る 。その後、このツールは破損したシステムファイルをスキャンして修復します。このプロセスには時間がかかる場合があり、確実に完了するようにしてください。



SFCスキャンを実行する

完了したら、コンピューターを再起動してアプリを再起動し、ucrtbaseddllが見つからない問題が解決されるかどうかを確認します。

#2。障害のあるアプリケーションを再インストールします

エラーメッセージが示すように、障害のあるアプリケーションを再インストールすると、ucrtbaseddllが見つからない問題が修正される場合があります。試してみましょう:



ステップ1。 右クリック スタートメニュー 左下で選択します アプリと機能

アプリと機能を選択します

ステップ2。 リストを下にスクロールして、ucrtbased dll not foundの問題があるアプリケーションを見つけ、それを選択して、をクリックします。 アンインストール 。次に、画面の指示に従ってアンインストールを完了します。

ステップ3。 アンインストールすると、公式Webサイトからプログラムを再ダウンロードできます。

#3。UcrtbaseDLLファイルを再登録します

さらに、あなたは試すことができます ucrtbase.dllの登録 'を修正するファイル ucrtbaseddllが見つかりません ' エラー。その方法は次のとおりです。

ステップ1。 次のように、昇格したコマンドプロンプトウィンドウをもう一度開きます。 ステップ1 最初のソリューションで。

ステップ2。 次のように入力します zippy32 ucrtbase.dll コマンドとヒット 入る

コマンドプロンプトにDLLファイルを登録する

#4。Microsoft VisualC++パッケージを修復します

Microsoft Visual C ++再頒布可能パッケージが破損した場合、ucrtbaseddll欠落エラーが発生することがあります。この場合、パッケージの修理を行うことができます。

ステップ1。 タイプ コントロール 検索ボックスで、を選択します コントロールパネル ベストマッチから。

ステップ2。 変更 見る者 次のように入力します 小さなアイコン を選択します プログラムと機能

ステップ3。 下にスクロールして VisualC++再頒布可能パッケージ インストールし、右クリックして選択します 変化する 。ポップアップウィンドウで、をクリックします 修理 画面の指示に従って修理を完了します。次に、この手順を繰り返して、他のVisualC++再頒布可能パッケージを修復する必要があります。

MicrosoftVisualC再頒布可能パッケージを修復する

これで、PCを再起動して、ucrtbase.dllアプリケーションエラーがクリアされたかどうかを確認できます。

#5。システムを以前の日付に復元する

上記のすべての解決策を試してもucrtbaseddllの欠落エラーが発生する場合は、DLLファイルが正しく機能する以前の日付にシステムを復元してください。 Windowsシステムを復元するには、システムの復元ポイントを使用する必要があります。こちらをクリック ハイパーリンク 詳細な手順を知るために。