RAID6とRAID10:どちらがパフォーマンスが高く、リスクが低いか[クローンディスク]

まとめ:

RAID6とRAID10

RAID6またはRAID10を選択しますか?これは質問です。 RAID6とRAID10の違いがわからない場合は、この投稿が役立つかもしれません。 MiniTool RAID6とRAID10について詳しく説明し、データと稼働時間を保護する方法についてアドバイスを提供します。

クイックナビゲーション:

私は最近、RAID6とRAID10について多くのことを読んでおり、会社がまもなく稼働するサーバーをすばやく決定する必要があります... RAIDを1つの大きなRAID6ボリューム(使用可能な最大7.4 TB)として構成しましたストレージ)およびWindows内で1x 300 GBパーティションおよび1x〜7TBパーティションとしてパーティション化されます。この設定は最適ですか?それとも、RAID 10に移行することを考えるべきですか? --- community.spiceworks.com



サーバーを作成する場合、ユーザーはRAID6またはRAID1 + 0(RAID 10とも呼ばれます)の使用を検討できます。次に、RAID6とRAID1 + 0の間で、どちらが優れていますか?これはこの投稿のトピックです: RAID6とRAID10

簡単な紹介:RAID6とRAID10

RAID 10

RAID 10とは何ですか? RAID 10、いわゆるRAID 1 + 0は、RAID1とRAID0の組み合わせです。 少なくとも4台のドライブ(偶数)が必要です。 RAID 10を作成する場合は、最初に2つのRAID 1ミラーボリュームを作成してから、2つのRAID1ミラーボリュームを使用してRAID0ストライプボリュームを作成する必要があります。構造は次の図のように示されています。



RAID 1 + 0



RAID0とRAID1に慣れていない人もいるかもしれません。そのため、ここで簡単に紹介します。

  • RAID 0(ストライプボリューム): 少なくとも2つのドライブを大きなボリュームに結合するため、ディスク容量を増やし、同時にパフォーマンスを向上させることができます(連続データを複数のドライブに分散してアクセスすることにより)。その欠点は、データの冗長性がないことです。
  • RAID 1(ミラーボリューム): 偶数台のドライブで構成されています。これらのドライブのうち、半分はデータの冗長性を実現するために残りの半分をバックアップするために使用されます。ただし、これにより書き込み速度が遅くなり、使用可能なスペースが半分になります。
ヒント: RAID0またはRAID1について詳しく知りたい場合は、独立ディスクの冗長アレイまたは Windows10のストレージスペースとRAID それらをよりよく学ぶために。

RAID1とRAID0を組み合わせることで、RAID 1 + 0は複数のドライブのデータを並行して読み取り/書き込みしてアクセス速度を向上させるだけでなく、元の各ドライブのバックアップを作成することでデータの冗長性を提供します。ただし、使用可能なスペースの半分も削減されます。

RAID 6

RAID 6を紹介するときは、RAID 5に触れる必要があります。これは、RAID6をよりよく理解するのに役立ちます。



RAID 5は少なくとも3つのドライブを必要とし、データの冗長性を実現するためにパリティチェック方式を採用しています。 3つのディスクでRAID5を作成すると、構造は次の図のようになります。

RAID 5

1つのディスクはパリティデータの保存に使用され、他のディスクはデータの保存に使用されます(ストライプボリュームなど)。パリティデータは特定の個別のディスクに保存されないことに注意してください。上の図が示すように、パリティデータはすべてのディスクにランダムに保存されます。



また、パリティデータは他のディスクに格納されているデータと関係があります。他のディスクに保存されているデータに従って生成されます。式は次のとおりです。

AP =A1⊕A2

APはパリティデータの略です。 A1とA2は、それぞれ2データビットを表します。記号「⊕」は、数学演算子であるXOR(排他的論理和)を表します。 A1とA2の間のデータが失われた場合、残りのデータとパリティデータを利用して失われたデータを回復できます。たとえば、A1が失われた場合、具体的な回復式は次のようになります。



A1 =A2⊕AP

ただし、2つのディスクに障害が発生すると、RAID5はデータを回復できません。この問題を解決するために、RAID6が登場します。

フルネームが「2つの独立した分散パリティスキームを備えた独立したデータディスク」であるRAID6には、2つの独立したパリティデータブロックがあります。 したがって、少なくとも4台のドライブが必要です。 4台のドライブで構成されている場合、その構造は次の図のようになります。

RAID 6

2つのディスクはパリティデータ(PとQ)を格納するために使用され、他のディスクはデータ(ストライプボリュームなど)を格納するために使用されます。 RAID 6では、パリティ式は次のとおりです。

AP =A1⊕A2

AQ = GF(A1)⊕GF(A2)

ガロア体の略であるGFは、数学的アルゴリズムです。 1枚のディスクでのみデータエラーやデータ損失が発生した場合の復旧方法はRAID5と同じです。 RAID 6は、2番目の式(Qパリティ方式)を使用しません。 2つのディスクでデータエラーまたは損失が発生した場合にのみ、連立方程式を作成するために使用されるQパリティ(GFアルゴリズム)が必要です。

RAID10とRAID6

RAID10とRAID6の動作メカニズムを学んだ後、このパートでは、それらの違いを率直に説明します。

RAID6とRAID10:ディスク使用率

  1. RAID 10: RAID 10がいくつのディスクで構成されていても、RAID 10アレイの残りの半分の容量は常に保護(バックアップ)専用になるため、ディスクの半分のスペースしか使用しません。
  2. RAID 6: そのディスク使用率は50%以上です。 RAID 6アレイが4つのディスクで構成されている場合、そのスペースの50%のみが使用可能な容量ですが、ドライブを追加すると、使用可能なスペースの割合が増加します。たとえば、RAID 6アレイのディスク数を8に増やすと、スペース使用率は75%に増加します(スペースの25%のみがパリティデータに使用されます)。

RAID6とRAID10:信頼性

  1. RAID 6: RAID 6は、2つのディスクに同時に障害が発生した場合でも、サーバーの通常の動作を保証できます。次に、これらの障害が発生したディスクを交換して、RAID6を再構築できます。
  2. RAID 10: RAID 10が2つのディスク障害を同時に処理できるかどうかは、それらが発生する場所によって異なります。障害が発生した両方のディスクが1つのミラーリングされたボリュームにある場合、データは失われ、サーバーは動作を停止します。障害が発生したディスクが同じミラーボリュームに配置されていない場合、ディスクの半分に障害が発生した場合でも、サーバーの動作を確認してからRAID10を再構築できます。

RAID6とRAID10:パフォーマンス

このパートでは、書き込み速度、読み取り速度、再構築速度の3つの側面を紹介します。

1.書き込み速度

各ディスクの書き込み速度が同じXである場合、N個のディスクを使用してRAID 10を構成する場合、RAID10の書き込み速度はN * X / 2である必要があります。 RAID 10には、同じデータを2回書き込む必要があるミラーボリュームが含まれているため、除数は2です。

N個のディスクを使用してRAID6を構成する場合、RAID6の書き込み速度はN * X / 6である必要があります。 RAID 6は次の書き込み操作を行うため、除数は6です。データを再書き込み/変更する場合、ディスクは6つの操作を実行する必要があります。元のデータ、最初のパリティ、2番目のパリティを読み取り、新しいデータを書き込みます。 、新しい最初のパリティと新しい2番目のパリティ。

注意: 上記のRAID6の書き込み速度アルゴリズムについては論争があります。 RAID 6の書き込み速度は(N-2)* Xだと考える人もいます。他にご意見がございましたら、下にコメントを残してください。

2.読み取り速度

同様に、ディスクの数をNで表し、読み取り速度をXで表します。PCは元のディスクとミラーディスクから同時にデータを読み取ることができるため、RAID10の読み取り速度はNXです。 RAID 6の場合、読み取り速度は(N-2)* Xである必要があります。

3.再構築速度

ディスク障害が発生した場合は、ディスクを交換してRAIDを再構築する必要があります。 RAID 10の場合、ドライブを再構築するために存続しているミラーからコピーするだけでよいため、再構築速度は速くなります。 RAID 6の場合、パリティを計算する必要があるため、ディスク障害後のアレイの再構築にははるかに長い時間がかかります。

RAID6とRAID10:ハードウェアまたはソフトウェアの要件

ソフトウェアRAID10アレイを作成している場合は、計算の労力を必要とせず、したがってリソース(特にCPU)をあまり消費しないため、リラックスできます。ただし、ソフトウェアRAID 6には計算オーバーヘッドがあり、システムリソースを消費し、遅延が発生します。

ハードウェアRAIDを作成している場合、RAID 10には特別なハードウェアは必要ありませんが、RAID6には特別に設計されたコントローラーハードウェアが必要です。

データと稼働時間を保護する方法

MiniToolパーティションウィザードを使用してデータをバックアップする

RAIDは、稼働時間を保護するために企業で使用されます。これにより、ディスク障害が発生した場合でも、企業は稼働し続けることができます。データの冗長性は提供されますが、重要なデータを適切に保護することはできません。

重要なデータやファイルを保護したい場合は、MiniTool PartitionWizardなどのソフトウェアを使用してRAIDデータを定期的にバックアップする必要があります。次のガイドを参照してください。

今買う

ステップ1: 上記のボタンをクリックして、MiniTool PartitionWizardを購入してください。次に、このソフトウェアを起動して、メインインターフェイスに移動します。 RAIDボリュームを右クリックして、 コピーボリューム

[ボリュームのコピー機能]をクリックします

ステップ2: データのコピー先のターゲットディスクを選択します。次に、をクリックします ボタン。デスティネーションディスクは未割り当て領域である必要があることに注意してください。

データのコピー先となるターゲットディスクを選択します

ステップ3: ターゲットディスクの新しいパーティションを編集して、[ 終了 ボタン。

  • サイズ変更を使用してパーティションをコピーします。 これをチェックすると、ターゲットディスク上の新しいパーティションを縮小または拡張できます。
  • さらに、パーティションブロックをドラッグして、新しいパーティションの場所を変更できます。

新しいパーティションを編集する

ステップ4: 新しいパーティションをプレビューして、[ 適用する 保留中の操作を実行するためのボタン。

[適用]ボタンをクリックします

RAIDからのデータ復旧の最良の方法|簡単なステップバイステップガイド

ホットスペアで稼働時間をさらに保護

ホットスペアは、システム構成の信頼性を提供するためのフェイルオーバーメカニズムとして使用されます。ホットスペアディスクは、稼働中のシステムの一部として接続されており、アクティブに使用できます。 RAIDグループ内のディスクドライブに障害が発生すると、ディスクドライブ上のデータがバックグラウンドのホットスペアディスクに自動的に再構築されます。

ホットスペア

次に、故障したディスクドライブを新しいディスクドライブに交換した後、ホットスペアディスク上のデータが新しいディスクドライブに自動的に取得(コピーバック)されます。ホットスペアメカニズムを使用すると、システムの稼働時間をより適切に保護できます。

これは、RAID6とRAID10について詳しく説明した投稿です。どちらを使用するかわからない場合は、この投稿が決定に役立つ可能性があります。 クリックしてツイート

結論

この記事は、RAID10とRAID6についての疑問に答えていますか?それらについて他の見解はありますか?もしそうなら、以下であなたのアイデアを共有してください。また、MiniTool Partition Wizardでデータをバックアップするのが難しい場合は、経由でお問い合わせください [メールで保護] 。できるだけ早く返信いたします。

RAID6とRAID10のFAQ

RAID 10で障害が発生する可能性のあるディスクの数はいくつですか?

RAID 10は、少なくとも1つのディスク障害を同時に処理できます。ただし、障害が発生したディスクが複数ある場合、RAID 10がこれらの障害に対処できるかどうかは、発生した場所によって異なります。

障害が発生したディスクが同じミラーボリュームに配置されていない場合、ディスクの半分に障害が発生しても、RAID10は引き続き機能します。ただし、障害が発生したディスクが1つのミラーリングされたボリュームにある場合、障害が発生したディスクが2つしかない場合でも、RAID10は動作を停止します。

RAID 10が最適な理由 RAID10は最高のRAIDではありません。どのRAIDアレイが最適かは、要求によって異なります。パフォーマンス、データの冗長性、および再構築速度のバランスを取りたい場合は、RAID10が最適です。 RAID 6はどのくらい安全ですか? RAID 6は、サーバーの稼働時間に影響を与えることなく、2つのディスク障害を同時に処理できます。 RAID10はRAID6よりも「安全」ですか? RAID 6は、サーバーの稼働時間に影響を与えることなく、2つのディスク障害を同時に処理できます。ただし、RAID 10が2つ以上のディスク障害を同時に処理できるかどうかは、ディスク障害が発生する場所によって異なります。それらが1つのミラーボリュームで発生した場合、RAID10はそれらを処理できません。それらが同じミラーボリュームで発生する場合、ディスクの半分に障害が発生した場合でも、RAID10は正常に機能します。