Outlookのカレンダーが同期していませんか?ここに修正があります! 【パーティションマネージャ】

概要 :

Outlookカレンダーが同期していません

多くのユーザーがOutlookカレンダーの同期に問題を抱えています。あなたが直面している場合 Outlookカレンダーが同期していません 問題、そしてこの記事から MiniToolパーティションウィザード この問題を解決するのに役立ちます。

クイックナビゲーション:



Outlookカレンダーアプリを使用すると、ユーザーはMicrosoft Office 365、Googleカレンダー、iPhoneなどのサードパーティのカレンダーサービスに接続できます。これは、ユーザーがアクティビティを管理するのに役立ちます。カレンダーの同期は、ユーザーがアプリケーションを設定すると自動的に行われます。ただし、ユーザーがOutlookカレンダーの同期されない問題に遭遇することがあります。

Outlookカレンダー



Outlookのカレンダーが同期しないのはなぜですか?

Outlookカレンダーが同期しない最も一般的な理由には、次のものがあります。

  1. 同期のために誤ったカレンダーが選択されています。
  2. Outlookアカウントが接続されていません。
  3. サードパーティアプリケーションが正しく構成されていません。
  4. サーバーとのデータ同期が正しくありません。



これで、考えられる原因がわかりました。次に、デバイスでこのエラーを修正できます。ただし、問題を解決する前に慎重に検討する必要がある特定のポイントがあります。

  • 新しいバージョンのOutlookを使用していることを確認してください。
  • デバイスを定期的に更新してください。
  • ネットワーク接続を確認してください 。ネットワーク接続が不十分なことが原因である場合もあります。したがって、ルータを再起動します。
  • 管理者のみがカレンダーの権限を拒否または受け入れる権限を持っていることを確認してください。
  • カレンダーを拒否または受け入れるには、1つのデバイスのみを使用します。

Outlookと同期しないiPhoneカレンダーを修正する方法

OutlookカレンダーがiPhoneと同期していない場合は、次のガイドに従って問題を修正してください。

1.Wi-Fiに切り替えます



iPhoneが「セルラー」接続を使用している場合は、それをWi-Fiに変更して、Outlookカレンダーを適切に同期します。

2.機内モードを無効にする

機内モードをオンにしている場合、iPhoneが関連するオンラインサーバーに接続できないため、すべてのデータが正しく同期されません。そのため、機内モードがオンになっていることを確認し、オンになっている場合は無効にして、携帯電話またはWi-Fi信号に接続し、数分待ちます。



3.低電力モードをオフにします

低電力モードは、iPhoneのバッテリーが少なくなるとアクティブになります。これが、iPhoneカレンダーがOutlookの問題と同期しない理由である可能性があるため、無効にします。

4.バックグラウンドで実行されているすべてのアプリケーションを閉じます



5.iPhoneを再起動します

6.Outlookカレンダーアプリを更新します

最新のOutlookアプリケーションの更新を確認し、可能な場合はインストールします。

7.正しいOutlookアカウントにログインしていることを確認します

に移動 パスワードとアカウント から 設定 メニュー。そうでない場合は、をクリックします アカウントを追加する

8.iOSカレンダーアプリで正しいカレンダーを使用していることを確認します

上記の方法を試した後、OutlookカレンダーがiPhoneと同期していない問題が存在するかどうかを確認できます。

OutlookカレンダーがOffice365と同期しない問題を修正する方法

Microsoft365の使用中にOutlookカレンダーが同期されないというエラーが発生した場合は、次の手順で問題を解決できます。

ステップ1 :Microsoft Office 365を開きます。次に、 設定 。下 管理者 セクションで、 ユーザーの管理 >> 設定するユーザー オプション。

ステップ2 :リンクをクリック Office 365をセットアップするには、ここをクリックしてください

ステップ3 :MicrosoftOffice365アカウントにサインインします。次に、 カレンダー同期を有効にする それを緑に変えるためのカテゴリー。

ステップ4 :Microsoft Office 365アカウント画面にアクセスし、 カレンダー オプション。

その後、Outlookの予定表はOffice 365と正常に同期されました。これで、いつでもイベントを表示できます。

OutlookのカレンダーがGoogleカレンダーと同期しない問題を修正する方法

OutlookカレンダーがGoogleカレンダーと同期しない問題を修正するには、次の手順に従います。

ステップ1 :MicrosoftOutlookアプリケーションを開きます。

ステップ2 : 入力します 設定 メニュー。次に、をクリックします Googleアカウント 同期していません。

ステップ3 :画面の指示に従って、同期プロセスを完了します。

それでもOutlookカレンダーが同期されないというエラーが発生する場合。次に、設定メニューからアカウントを再度追加します。

また読む: GoogleカレンダーをOutlookまたはiPhoneと同期する方法は?

Googleカレンダーのサムネイルをマージする方法 Windows 11/10でGoogleカレンダーをマージする方法は?

Googleカレンダーは基本的に、人々が時間管理に使用する非常に有名なアプリケーションです。この投稿では、Googleカレンダーをマージする方法を紹介します。

続きを読む

結論

この記事では、さまざまなアプリケーションでOutlookカレンダーが同期されないエラーを修正する方法について説明します。上記の手順で問題が解決することを願っています。