Mini DisplayPort vs Thunderbolt:どちらが良いですか? 【パーティションマネージャー】

まとめ:

MiniDisplayPortとThunderbolt

Mini DisplayPortとThunderboltの違いを知っていますか?ラップトップを選ぶとき、DPポート付きのものを選ぶべきですか、それともThunderboltポート付きのものを選ぶべきですか?この投稿では、 MiniToolパーティションウィザード それらの違いが表示されます。

クイックナビゲーション:

Mini DisplayPort vs Thunderbolt:シェイプ



Mini DisplayPortとThunderboltは、どちらもPCの外部インターフェイスです。 Mini DisplayPortは、ディスプレイデバイスとの接続に使用されるDisplayPortインターフェイスのマイクロバージョンです。 Mini DisplayPortの形状は、次の図のようになります。

ミニDisplayPort



Thunderboltインターフェースに関しては、MiniDisplayPortよりも多くの機能を備えています。 Thunderboltには2つの形状があります。 Thunderbolt1およびThunderbolt2インターフェイスは、インターフェイスの横に追加の雷マークがあることを除いて、MiniDisplayPortと同じ形状を使用します。 Thunderbolt 3以降、ThunderboltインターフェイスはUSBType-C形状を使用しています。



2種類のThunderboltシェイプ

Mini DisplayPort vs Thunderbolt:パフォーマンス

Mini DisplayPortは、Video Electronics Standards Association(VESA)によって発行されたDisplayPortプロトコルを使用します。このインターフェースは、内部ディスプレイ接続と外部ディスプレイ接続の両方に使用できます。最新のDPバージョンはDisplayPort2.0標準であり、2019年にリリースされ、物理インターフェイス(PHY)としてThunderbolt 3(USB C)の使用を開始します。

Thunderboltインターフェイスは、Appleと共同でIntelによって開発されました。このインターフェースは、PCI Expressデータ転送テクノロジーとDisplayPortディスプレイテクノロジーを組み合わせて、データとビデオ信号を同時に送信できるようにします。



Thunderbolt3とUSBC:見た目は同じですが、大きく異なります

これまでのところ、Thunderboltインターフェースには4つの世代があります。

  • サンダーボルト1: MiniDisplayPortとPCI-E2.0 X2に基づいており、全二重をサポートし(データの送信と受信を同時にサポート)、10Gbpsの帯域幅を提供します。
  • サンダーボルト2: MiniDisplayPortとPCI-E2.0 X4に基づいており、全二重をサポートし、20Gbpsの帯域幅を提供します。
  • Thunderbolt 3および4: これらはUSBType-Cポートに基づいており、PCIe 3.0 X4を使用し、全二重をサポートし、40Gbps(3.94GB /秒)の帯域幅を提供します。ただし、Thunderbolt4はThunderbolt3よりも最適化されています。

ThunderboltとMiniDisplayPortのディスプレイパフォーマンスの観点から、DP2.0とThunderbolt3 / 4の違いは次のとおりです。

  • DP 2.0の表示効果は、Thunderbolt3の2倍です。 Thunderbolt 3の帯域幅は40Gbpsです(全二重モード)。ただし、ディスプレイポートは全二重モードを必要としません(信号を送信するために一方の端と受信するためにもう一方の端が必要なだけです)。したがって、DP 2.0は双方向チャネルを単方向チャネルにマージし、80Gbpsの帯域幅に到達します。
  • Thunderbolt 3は、60 Hzで2つの外部4Kディスプレイ、120 Hzで1つの外部4Kディスプレイ、または60 Hzで5Kディスプレイを同時に駆動できます(DP 2.0より前では、DP1.4はすでに8KUHD「7680×4320」のサポートを実現しています。 60 Hzで)。
  • DP 2.0は、圧縮なしで60 Hzで8K解像度をサポートするほかに、次のようなさまざまな高性能構成を可能にします。16K(15360×8640)ディスプレイ@ 60 Hz、10 bpc RGB / Y'CBCR 4:4:4カラー( DSC)、10K(10240×4320)ディスプレイ@ 60Hzおよび8bpc(非圧縮)、2つの8K(7680×4320)ディスプレイ@ 120Hzおよび10bpcなど。



つまり、ディスプレイのパフォーマンスに関しては、DP2.0はThunderboltよりも優れています。しかし、現在、DP2.0は普及していません。その上、DP2.0とThunderboltは互いに競合していません。

メーカーはそれらを1つのポートに適用したいと考えています。その場合、USB-Cポートには、DP2.0プロトコルを実行するDPAltモードとThunderboltプロトコルを実行するThunderboltAltモードの2つのモードがあります。

DisplayPort VS HDMI:どちらを選択する必要がありますか?



では、どれを選ぶべきですか?あなたはすでに結論を出しているかもしれません。