mfc110u.dllとは何ですか&mfc110u.dll不足を修正する方法[ディスク回復]

言語: 日本語

概要 :

mfc110u.dllがありません

特定のプログラムを起動したり、コンピューターを起動したりすると、多くのWindowsユーザーが mfc110u.dllがありません エラー。 mfc110u.dllとは何ですか?エラーを修正する方法は?それでは、一緒に答えを探りましょう MiniTool 。

クイックナビゲーション:

mfc110u.dllとは



mfc110u.dllは、Windowsオペレーティングシステム用に特別に設計されたMicrosoftVisualStudioのコンポーネントです。多くのアプリケーションおよびプログラムでは、mfc110u.dllファイルを正しく実行する必要があります。 Visual Studioの一部が破損または破損すると、コンピュータエラーからmfc110u.dllが見つからないため、プログラムを起動できない場合があります。幸い、問題を解決するための効果的な方法がいくつかあります。

crdownloadファイルのサムネイル CRDOWNLOADファイルとは何ですか?削除できますか?開く方法

CRDOWNLOADファイルとは何ですか?これらのファイルを削除できますか? CRDOWNLOADファイルを開く方法は?あなたもそれを理解しようとしているなら、この投稿はあなたが必要とするものです。



続きを読む

mfc110u.dll不足の問題を修正する方法

広範なユーザーレポートとリファレンスを分析した後、mfc110udllの欠落の問題に対する上位6つのソリューションを要約します。

修正1.正しいVisualC++再頒布可能パッケージをインストールする



ご存知のように、mfc110u.dllファイルは、VisualStudio用のMicrosoftVisualC++再頒布可能パッケージの一部です。したがって、このパッケージをインストールして、Microsoftから提供された最新のコピーでmfc110u.dllを復元してみてください。

ここからダウンロードできます Visual StudioUpdate4用のVisualC++再配布可能パッケージ コンピュータにインストールします。ダウンロードパッケージで、に基づいて正しいバージョンを選択していることを確認してください 32ビットまたは64ビット OSアーキテクチャ。 32ビットOSバージョンを使用している場合は、 VSU_4 vcredist_x64.exe 1。 64ビットOSバージョンの場合は、 VSU_4 vcredist_x86.exe 1。

VisualC再頒布可能パッケージをダウンロードする

修正2.VisualC++再頒布可能パッケージのインストールを修復する



Visual C ++再頒布可能パッケージをインストールした後、コンピュータエラーからmfc110u.dllが見つからないためにプログラムを開始できない場合は、インストールの修復を試すことができます。その方法は次のとおりです。

ステップ1。 タイプ コントロール 検索ボックスで、を選択します コントロールパネル ベストマッチから。

ステップ2。 変更 見る者 次のように入力します 小さなアイコン をクリックします プログラムと機能



プログラムと機能をクリックします

ステップ3。 下にスクロールして VisualC++再頒布可能パッケージ インストールし、右クリックして選択します 変化する 。ポップアップウィンドウで、をクリックします 修理 画面の指示に従って修理を完了します。ここで、この手順を繰り返して、関連するすべてのVisualC++再頒布可能パッケージを修復する必要があります。

VisualCの再配布可能なインストールを修復します



その後、コンピュータを再起動して、mfc110u.dll欠落エラーがなくなったかどうかを確認できます。

修正3.mfc110u.dllファイルを復元する

mfc110u.dllのWindows10の問題が欠落している別の簡単で簡単な修正は、ごみ箱からファイルを復元することです。誤ってファイルを削除した場合は、開くことができます ごみ箱 その中にmfc110u.dllファイルがあるかどうかを確認します 戻す それ。または、無料でご利用いただけます データ復旧 ごみ箱を空にした場合に失われたmfc110u.dllファイルを回復するプログラム。

修正4.アンチウイルスプログラムを確認する

サードパーティのウイルス対策プログラムが、mfc110u.dllなどの特定のdllファイルを削除またはブロックする場合があります。サードパーティのプログラムをインストールした後にmfc110udllが見つからないという問題が発生した場合は、ウイルス対策プログラムを一時的に無効にするか、関連するプログラムを例外リストに追加してみてください。

アバストについては、 この郵便受け 関連するプログラムを例外リストに追加します。 AVGの場合は、 ホーム>設定>コンポーネント>Webシールド>例外 例外リストに追加します。 Kasperskyの場合は、 ホーム>設定>追加>脅威と除外>除外>信頼できるアプリケーションの指定>追加

修正5.システムの復元を実行する

mfc110u.dllが見つからない場合は、重要なファイルまたは構成に変更を加えた後にWindows 10の問題が発生する場合は、システムの復元を実行してこれらの変更を元に戻すことができます。より詳細な手順については、この投稿を参照してください コマンドプロンプトからシステムの復元を実行する方法 。

修正6.クリーンブートを実行する

一部のユーザーは、mfc110u.dll欠落エラーが特定のサードパーティアプリケーションによって引き起こされる可能性があると報告しました。これは、これらの問題のあるアプリケーションが、システムおよびmfc110u.dllファイルを含む影響を受けるプログラムに干渉する可能性があるためです。競合するアプリケーションを除外するには、次のことをお勧めします クリーンブートを実行します 。問題のあるアプリケーションを見つけたら、それらをからアンインストールできます。 プログラムと機能 セクション。