Windows 10リモートデスクトップを使用してコンピューターを制御するにはどうすればよいですか?

別のコンピューターからPCを制御しますか? Windows 10には、使用できるリモートデスクトップ接続ユーティリティが組み込まれています。この機能は、Windows 10PCおよびモバイルデバイスで使用できます。

リモートデスクトップとは何ですか?



リモートデスクトップを使用すると、Microsoftリモートデスクトップクライアント(Windows、Android、macOS、およびiOSで使用可能)を使用して、別のデバイスからコンピューターに接続して制御できます。

PCでリモート接続を有効にすると、別のデバイスを使用して、PCを使用しているかのように、すべてのファイル、アプリ、およびネットワークリソースにアクセスできます。



ドライバー\ driver \ wudfrdをデバイスにロードできませんでした

リモートデスクトップを使用するには、次の要件を満たす必要があります。

  • リモートコンピュータの電源を入れる必要があります。
  • 両方のデバイスにネットワーク接続が必要です。
  • 両方のデバイスでリモートデスクトップを有効にする必要があります。
  • リモートコンピュータへのネットワークアクセスが必要です。
  • 接続するには権限が必要です。

接続の許可を得るには、ユーザーのリストに含まれている必要があります。また、接続を開始する前に、接続しているコンピューターの名前を調べて、ファイアウォールでリモートデスクトップ接続が許可されていることを確認することをお勧めします。

Windows 10でリモートデスクトップを設定するにはどうすればよいですか?



リモートデスクトップの組み込み機能は、Windows 10 Fall Creatorsアップデート(1709)で導入されました。以前のバージョンのWindows10の場合、Windowsストアからリモートデスクトップアプリをダウンロードする必要がありました。

Windows 10 FallCreatorsアップデート以降のバージョンで機能を有効にするには 、次の簡単な手順に従ってください。

  1. 選択する 開始 リモート接続するPC上。
  2. クリックしてください 設定
  3. を選択 システム
  4. を選択 リモートデスクトップ
  5. スライダーを使用してオンにします リモートデスクトップを有効にする
  6. PCに接続できるユーザーを追加するには、 このPCにリモートアクセスできるユーザーを選択します。

注:Administratorsグループのメンバーは自動アクセスできます。

  1. このPCへの接続方法 、デバイスの名前をメモします。これは、クライアントを構成するときに必要になります。



以前のバージョンのWindows10 、Microsoftリモートデスクトップアシスタントをダウンロードして実行します。アシスタントは、システム設定を更新した後、リモートアクセスを有効にします。また、ファイアウォールがリモートデスクトップ接続を許可できることを確認し、コンピューターが接続に対して起動していることを確認します。

リモートコンピューターを構成したら、次の簡単な手順に従ってください。 リモートデスクトップセッションを開始します。

  1. タイプ リモートデスクトップ接続 タスクバーにある検索ボックスで。検索結果からオプションを選択します。
  2. [リモートデスクトップ接続]で、接続するPCの名前を入力し、[接続]をクリックします。

組み込み機能のない以前のバージョンのWindows10の場合は、次の手順に従います。

  1. リモートコンピューターへの接続に使用するデバイスでリモートデスクトップアプリを開きます。 (お持ちでない場合は、Windowsストアからアプリをダウンロードしてください)。
  2. クリックしてください 追加 右上隅に表示されるボタン。
  3. クリック デスクトップ
  4. 接続したいPCの名前またはIPアドレス(推奨)を入力します。

注:プライベートネットワーク内にある場合は、PCのローカルIPアドレスを入力してください。

minecraftopenglエラー
  1. クリック アカウントを追加する
  2. リモートコンピューターにサインインするために必要な情報を入力します。
  • リモートコンピューターがローカルアカウントを使用している場合は、ローカルのユーザー名とパスワードを入力します。
  • Microsoftアカウントを使用している場合は、アカウントのサインイン情報を入力します。
  1. クリック セーブ
  2. リストに接続を追加するには、[保存]ボタンをもう一度クリックします。
  3. 使用可能な接続のリストで、接続するコンピューターを選択します。
  4. ‘をマークします この証明書について二度と尋ねないでください」 信頼できるコンピューターから証明書の警告を受け取った場合は、チェックボックスをオンにします。
  5. クリック 接続する

Windows 10 Homeはリモートデスクトップを使用できますか?



Windows 10 PCのリモートデスクトップ機能にアクセスしますか?ただし、残念ながら、Windows 10Homeを使用しています。この機能を使用できるのは、ProバージョンとEnterpriseバージョンのみです。

とにかく心配しないでください。 Windows 10Homeデバイスで有効にする方法を説明します。

Windows10ホームでリモートデスクトップを有効にする方法

RDP(リモートデスクトッププロトコル)サーバーのサービスと、リモート接続を可能にするコンポーネントは、Windows 10Homeで利用できます。ただし、この機能はブロックまたは無効になっています。サポートに必要であり、サードパーティのサービスの使用を許可しているため、Microsoftは完全に削除しませんでした。



ここに示す解決策は回避策です。期待どおりに機能しない場合は、サードパーティのリモート接続アプリを使用できます。一部はWindowsストアで入手できます。

回避策を使用するには、次のことを行う必要があります。

  1. RDPラッパーライブラリの最新バージョンをダウンロードして、インストールファイルを実行します。インストールすると、リモートデスクトップに必要なコンポーネントが有効になります。
  2. 検索ボックスに「リモートデスクトップ」と入力します。 RDPソフトウェアが表示されます。
  3. リモートコンピューターに接続するには、コンピューター名とパスワードを入力します。
  4. 接続するコンピューターでリモートデスクトップ接続が許可されていることを確認してください。

RDPラッパーは、Windows 10 Homeの構成ファイルの一部を変更するため、合法ではない可能性があることに注意してください。

不明なソースからライブラリをダウンロードする場合は、マルウェア対策を使用してPCをマルウェアやセキュリティの脅威から保護することが重要です。

このツールは非常にユーザーフレンドリーです。自動のスケジュールされたスキャンを実行して、PCに存在することを知らなかった悪意のあるアイテムを検出します。セットアップは簡単で、メインのアンチウイルスと競合しないように設計されています。これは、二重の保護があることを意味します。マルウェア対策は、アンチウイルスが検出できない可能性のあるアイテムをキャッチして排除できます。

このコンテンツがお役に立てば幸いです。

Windows10は私のPCを評価します

以下のセクションにコメントを残してください。