Windows10で[メニューに送信]オプションを再表示または追加する方法

ファイルエクスプローラーのWindows10の[送信]メニューを使用すると、プログラムでファイルを開いたり、PCまたは外部デバイス上の場所にファイルを送信したりするなどの機能をすばやく実行できます。これは、選択したファイルに対して操作を実行するために必要なリソースにすばやく到達するためのショートカットです。

[送信]メニューは、Windowsの初期バージョンからの引き継ぎの1つであり、今でも誰もがそれを持っているのが大好きです。理由を理解するのは難しいことではありません。ユーザーが物事をより迅速に行うことを可能にするものはすべて、歓迎すべき開発です。ファイルを右クリックして、コンテキストメニューの[送信]オプションにポインタを合わせるだけです。オプションが展開され、[送信]メニューの構成に応じて、いくつかのアプリケーション、場所、またはデバイスのいずれかを選択できます。



ただし、多くの人は、ほとんどの場合、役に立たなくなったオプションが含まれているため、[送信]メニューから移動しただけです。つまり、「FAX受信者」オプションをまだ使用しているのは誰ですか?もちろん、あなたではありません。



他の人は、「圧縮(zip形式)フォルダ」などのお気に入りの選択が単に消えたときに、[送信]オプションが壊れていると単純に判断しました。何かがうまくいかない場合に代替案を見つけるのは人間の性質です。

あなたがどちらかのカテゴリーに分類されるならば、あなたにとって良いニュースがあります。 [送信]メニューに新しいオプションを追加できます。消えたオプションを再表示することもできます。このガイドはあなたに道を示すためにここにあります。



GPUサグを修正する方法

Windows10の[送信]メニューで不足しているアイテムを再表示する方法

[送信]メニューから1つか2つの便利なアイテムが表示されなくなると、Windows 10の機能をそれ以上使用できなくなる可能性があります。より永続的な並べ替えを行い、不足しているアイテムを回復したい場合は、簡単に行うことができます。したがって、このガイドを使用してください。

これは多くの人が使用する機能の1つであるため、メニューの「圧縮(zip形式)フォルダー」オプションに焦点を当てます。代わりに、メール受信者などの別の機能が欠落している場合は、同じ広範な手順に従って回復できます。

圧縮された(圧縮された)フォルダーがWindows10の[送信]メニューに表示されない問題を修正する方法

[送信]メニューを展開するときに[圧縮(zip形式)フォルダー]オプションがない場合、サードパーティのツールを使用せずにファイルをzip形式のフォルダーにすばやく追加することはできません。



これは私たちが話しているWindowsであり、何でもあります。場合によっては、理由もなく機能が失われ、再起動後にのみ再表示されます。圧縮(zip形式)フォルダオプションが表示されなくなる特定のケースでは、破損したBluetoothデバイスからの干渉が原因である可能性があります。一般的ではありませんが、インストールされたデバイスが台無しになり、圧縮(zip形式)フォルダーオプションによって占有される予定のスペースを何らかの理由で引き継いだ可能性があります。

Windows 10の[送信]メニューからこのオプションが消えるもう1つのトリガーは、マルウェアです。これは、オプションを管理する関連するレジストリキーの損傷、またはすべてのオプションが保存されているSendToフォルダー内のショートカットの破損として現れる可能性があります。

マルウェアが疑われる場合は、信頼できるウイルス対策プログラムを使用してフルスキャンを実行してください。 Windows Defenderには、デフォルトのWindowsファイルの問題を検出する際の盲点があります。 Anti-MalwareのようなMicrosoft承認のセキュリティプログラムを使用すると、システムに潜んでいる可能性のある場所から感染を見つける可能性が高くなります。

圧縮(zip形式)フォルダが非表示になっていると、そのフォルダを使用できなくなり、[送信]メニューにも表示されません。単に表示するだけでエラーは修正されますが、問題がF2SendToTargetファイルの関連付けに関係している場合は修正されません。その場合、管理者特権のコマンドプロンプトでコマンドを実行する必要があります。



圧縮(圧縮)フォルダオプションを修正する方法は、Windows10の[送信]メニューでは使用できません

[送信]メニューからファイルをzipフォルダーに送信するオプションを元に戻すには、4つの簡単な手順があります。 5つ目は、新しいプロファイルを作成することですが、まだそれほど抜本的なことをする必要はありません。以下の手順は、消えたアイテムを元に戻すのに十分すぎるはずです。

修正1:圧縮(圧縮)フォルダーオプションを表示する

オプションが非表示になっている可能性があり、これにより[送信]メニューに表示されなくなります。もう一度表示できるように、非表示にしたプロセスを元に戻す必要があります。

機能を手動で再表示する前に、すべての隠しファイル、フォルダー、およびドライブを表示するオプションがWindows 10PCで有効になっていることを確認する必要があります。コントロールパネルを検索し、一番上の結果を選択して開きます。次に、[表示]モードを[カテゴリ]に変更して、コントロールパネルの項目を機能グループごとに配置します。 [外観とカスタマイズ]オプションを選択し、次のウィンドウで[ファイルエクスプローラーのオプション]オプションをクリックします。



[ファイルエクスプローラー]ウィンドウが表示されたら、[表示]タブに切り替えて、[詳細設定]リストで[隠しファイルとフォルダー]オプションを探します。ここには2つのオプションがあります。 [隠しファイル、フォルダ、ドライブを表示する]オプションにチェックマークが付いていることを確認してください。 [適用]、[OK]の順にクリックしてウィンドウを閉じ、コントロールパネルを終了します。

これで、ネイティブフォルダに非表示の[送信]オプションが表示されます。 SendToフォルダに移動する必要があります。SendToフォルダには、SendToメニューのすべてのオプションが実際にあります。これを行うには複数の方法があります。 1つの方法は、[実行]ダイアログに次のように入力して[OK]をクリックすることです。

%アプリデータ%

エクスプローラーがAppData / Roamingフォルダーに開きます。ここから、[Microsoft]> [Windows]> [SendTo]に移動します。

もう1つの方法は、ファイルエクスプローラーを使用して次の場所に手動で移動することです。

C: Users your_username AppData Roaming Microsoft Windows SendTo

3番目の方法では、この特別なシェルコマンドを使用します。このコマンドは、ファイルエクスプローラーのアドレスバーに入力します。

シェル:sendto

どちらのオプションを選択しても、最終的にはSendToフォルダーに移動します。ここに、[送信]メニューに表示されるショートカットとアイコンがあります。ドライブなどの固定オプションは、物理ドライブを取り外さない限り永続的なままであるため、表示されません。

次に、圧縮(zip形式)フォルダーがSendToフォルダーに表示されているかどうかを確認します。淡色表示またはグレー表示されている場合は非表示になっていますが、変更できます。オプションを右クリックして、[プロパティ]を選択します。 [全般]タブで、[非表示]属性のチェックを外し、[適用してOK]をクリックします。

それで全部です。次に[送信]メニューを展開すると、[圧縮(zip形式)フォルダー]オプションも表示されます。

修正2:圧縮(圧縮)フォルダーアイコンをSendToフォルダーに追加する

修正しようとしているオプションがSendToフォルダーにまったく表示されない場合があります。削除されたか、魔法のように消えました。でも心配しないでください。他の場所(この場合はデフォルトのユーザーアカウントのSendToフォルダー)からコピーするだけで、すべて問題なく動作します。

ファイルエクスプローラーを介して次の場所に移動するだけです。

C: Users Default AppData Roaming Microsoft Windows SendTo

そこに圧縮(zip形式)フォルダーをコピーして、現在のユーザーアカウントのSendToフォルダーに貼り付けます。他に何もする必要はありません。

この後、[送信]メニューからファイルまたはフォルダーを圧縮フォルダーにすばやく追加できるようになります。

修正3:.ZFSendToTargetファイルの関連付けエラーを修正する

Windowsには、ファイルを開くことができるプログラムにファイルを自動的に照合するシステムがあります。このファイルの関連付けのシステムは通常、問題なく進行し、何もする必要はなく、それについて知る必要もありません。 [送信]メニューのオプションもこれを使用して、選択したファイルを、送信または開くことができるプログラムまたは場所と自動的に照合します。

.ZFSendToTargetが破損している場合、圧縮(zip形式)フォルダーオプションなどの特定のオプションを表示できないことは、最も心配する必要がない場合があります。 SendToメニューにアイコンが表示されていても、機能しない場合があります。

通常、アイコンはZipファイルアイコンである必要があります。一般的なアイコンなど、他のものである場合は、これが問題である可能性があります。

これを解決するには、高度なコマンドプロンプトを使用する必要があります。非表示のWindows10メニュー(Win Key + X)から[コマンドプロンプト(管理者)]を選択し、次のコマンドを実行します。

assoc.zfsendtotarget = CLSID {888DCA60-FC0A-11CF-8F0F-00C04FD7D062}

それでおしまい。次に、[送信]メニューに[圧縮(zip形式)フォルダー]オプションがあることを確認します。

修正4:空のBluetoothショートカットを削除する

以前にBluetoothデバイスを追加し、後で破損した場合は、圧縮(zip形式)フォルダーオプションが表示されなくなる可能性があります。システムのどこかにサイズが0キロバイトのBluetoothショートカットを見つけた場合は、それを取り除きます。特に、このようなショートカットのインスタンスがないか、SendToフォルダーを確認してください。削除するもののサイズが実際に0kbであることを確認してください。そうしないと、代わりに便利なショートカットが削除される可能性があります。

Windows10で[送信]メニュー項目を追加/削除する方法

これで、SendToメニューから消えたアイテムを再表示する方法がわかりました。しかし、いくつかのアイテムを完全に削除したい場合はどうなりますか?おそらく、メニューには不要なオプションがたくさんあり、それらが多すぎて混乱を引き起こしています。問題のあるものを簡単に削除して、SendToメニューをシンプルで見た目に心地よいものにすることができます。

先ほど、[送信]メニューのデフォルトのオプションに満足できず、結果として使用をやめた人の数について説明しました。 [送信]メニューにフォルダ、アプリケーション、追加の場所を簡単に追加できることをご存知ですか?新しくダウンロードしたファイルを転送したいフォルダはありますか? [送信]メニューに追加するだけで、ファイルをそこに簡単に移動できます。どちらかのアクションを実行する方法を説明しましょう。

Windows10の[送信]メニューから不要なアイテムを削除する

これで、システム上のこのメニューの場所に精通しているはずです。注意が必要な場合は、「C: Users your_username AppData Roaming Microsoft Windows SendTo」にあります。「your_username」は、現在のユーザープロファイルの名前を指します。

メニューに入ったら、簡単な削除操作を実行して、保持したくないアイテムを削除できます。アイテムを右クリックして、[削除]を選択します。シンプル。

Windows10の[送信]メニューに新しいアイテムを追加する

ニーズに合わせてカスタマイズすることで、[送信]メニューをより便利にすることができます。システム上のアプリケーション、フォルダ、または場所がパスを介してナビゲート可能である限り、それを[送信]メニューに追加できます。ただし、あまり多くのアイテムを追加しないように注意してください。ダウンタウンのレストランの実際のメニューリストのようにメニューを表示したくありません。

  • フォルダの追加

写真をPicturesフォルダに移動する簡単な方法が必要ですか?おそらく、プロジェクト資料をダウンロードした後、それらのために設計されたフォルダーに移動することで、プロジェクト資料をより迅速に整理する方法をいただければ幸いです。 [送信]メニューにフォルダのショートカットを追加するだけです。方法は次のとおりです。

  • ユーザープロファイルのSendToフォルダーを開きます。 [実行]ダイアログを開き、「shell:sendto」(引用符なし)と入力して、Enterキーを押します。
  • ファイルエクスプローラーの別のインスタンスを開き、追加するフォルダーのホームディレクトリに移動します。
  • フォルダを右クリックして、[コピー]を選択します。
  • SendToウィンドウに戻り、空のスペースを右クリックして「ショートカットの貼り付け」を選択します。必要に応じて、ショートカットの名前を変更します。

次に[送信]メニューを展開すると、新しく作成したオプションが表示され、選択したファイルを選択したフォルダーにすばやく転送できます。

  • アプリケーションの追加

基本的に、システム上のすべての種類のファイルには、それを開くためのデフォルトのプログラムがあります。 1つのファイルタイプを開くことができる複数のプログラムがある場合があります。一方をデフォルトとして保持しても、もう一方をときどき使用したり、特殊な操作を実行したりできます。

「プログラムから開く」機能を使用して、ファイルを開くための別のプログラムを選択できます。 [送信]メニューでアプリケーションのエントリを作成することもできます。必要なことは次のとおりです。

  • 前と同じように、ユーザープロファイルのSendToフォルダーを開きます。 [実行]ダイアログを開き、「shell:sendto」(引用符なし)と入力して、Enterキーを押します。
  • 次に、追加するアプリケーションのフォルダーに移動します。ほとんどのアプリフォルダーはC: Program Files(x86)にあります。
  • アプリケーションフォルダを開き、「Application_Name.exe」というラベルの付いたファイルを探します。たとえば、AdobePhotoshopの実行可能ファイルは「Photoshop.exe」になります。
  • アプリケーションファイルを右クリックして、[コピー]を選択します。
  • SendToウィンドウに戻り、空のスペースを右クリックして「ショートカットの貼り付け」を選択します。必要に応じて、ショートカットの名前を変更します。

これまでに行ったことは、アプリケーションを[送信]オプションのリストに追加するだけです。写真を選択してお気に入りの画像アプリですばやく開いたり、ニッチなメールサービスの添付ファイルとしてファイルをすばやく追加したりできるようになりました。オプションは無限です。