Windows 10でアダプティブブライトネスをオンまたはオフにする方法は?

明るすぎる、または暗すぎる? Windows10でアダプティブブライトネスを有効または無効にする方法は次のとおりです

ラップトップやタブレットなどのガジェットのディスプレイは、周囲の光のレベルを検出して調整するために、周囲光センサーを使用する場合があります。 Windowsの適応輝度機能は、周囲光センサーを追跡し、周囲光の変化を識別し、周囲の自然光の状態に基づいてディスプレイの輝度を自動的に調整します。

ただし、多くのユーザーは、画面の明るさを手動で調整したいと考えています。状況に応じて、Windowsが画面の明るさを絶えず調整する場合など、適応型の明るさは気が散ったり煩わしいものになる可能性があります。



これは、Windows 10で明るさの適応を有効にする方法と、コンピューターで同じ機能を無効にする方法に関するクイックガイドです。



Windows 10の適応輝度:仕組み

Windows 10の適応輝度は、携帯電話が知覚する光に応じて画面の明るさを調整する方法と同じように機能します。これにより、画面が常に明るく照らされるのを防ぎ、コンピューターが充電されていないときのバッテリー寿命を節約します。

Microsoftは最初にWindows8でこの機能を導入しました。ただし、Windows 10では、適応輝度は以前のバージョンよりもバグが多いようです。たとえば、タッチスクリーンデバイスを使用している場合、独自の心を持っているように、適応型の明るさがデスクトップディスプレイを台無しにすることが時々発生する可能性があります。



Windows 10で適応輝度を有効にする方法を学ぶことで、周囲の照明条件に基づいた理想的な輝度レベルであるとシステムが信じていることがわかります。バッテリーを使用している場合は、画面の明るさを下げることでバッテリーの寿命を延ばすことができます。これは間違いなく、最大のバッテリー消耗品の1つです。

また、不思議に思うかもしれません:Windowsコンピューターで適応輝度を無効にする必要がありますか?答えは「はい」です。使用中に画面の明るさを完全に制御したい場合です。

コンピューターが明るさを適切に調整できない場合は、いくつかの考えられる理由を挙げれば、複数のモニターを使用しているか、ビデオドライバーが明るさのレベルを無効にしている可能性があります。 PCのパフォーマンスチェックと最適化については後で説明します。



アダプティブブライトネスを有効または無効にする方法のヒント

これは、Windows10でこの機能を有効または無効にするためのすばやく便利な方法です。

9c59エラー修正
  1. スタートメニューで「コントロールパネル」を検索して開きます。
  2. コントロールパネルで、「電源オプション」を探します。コントロールパネルのビューが大きいアイコンまたは小さいアイコンに設定されていることを確認します。タスクバーのバッテリーアイコンを右クリックし、[電源オプション]を選択して、[電源オプション]ウィンドウを開くこともできます。クリックして。
  3. [電源オプション]ウィンドウで、現在の電源プランの横にある[プラン設定の変更]リンクをクリックします。これにより、現在の電源プラン設定が開きます。
  4. ウィンドウの下部にある「詳細な電源設定の変更」リンクをクリックします。これにより、[Advanced PowerOptions]ウィンドウが開きます。
  5. 下にスクロールして[表示]オプションを見つけ、展開して[適応輝度]オプションを表示します。オプションを展開して、バッテリー電源とコンピューターが接続されているときの両方の機能を有効または無効にします。
  6. 「適用」、「OK」の順にクリックして設定を保存します。

アダプティブディスプレイの設定を見つけるのが難しい場合は、ラップトップに環境光センサーが組み込まれていない可能性があります。

アダプティブブライトネスを無効にしても何も変わらなかった場合はどうなりますか?ここで、「Win + R」を押してservices.mscと入力し、センサー監視サービスを無効にする必要があります。 「Enter」ボタンを押します。

サービスウィンドウで、「センサー監視サービス」をダブルクリックすると、サービス設定ウィンドウが表示されます。 「停止」をクリックし、「スタートアップの種類」の横にあるドロップダウンメニューから「無効」を選択します。 「OK」をクリックして変更を保存します。



結論

アダプティブブライトネスは、スマートフォンなどの小さなガジェット画面で優れた直感的な機能であることが証明されています。ただし、PCの使用方法と使用目的によっては、この機能の信頼性が低下する場合があります。

重要なのは、アダプティブブライトネスをオンまたはオフにする方法を学び、画面を好きなように明るくしたり暗くしたりすることで、余分な目の疲れや不快感を取り除くことです。

画面の明るさを適切に調整することは、バッテリーの寿命を最適化し、PCのパフォーマンスを向上させる1つの方法にすぎません。 BoostSpeedなどの最適化ソフトウェアは、Windowsシステムを安全かつインテリジェントに診断し、ジャンクファイルをクリーンアップし、コンピューターの速度と安定性を向上させ、すべての重要なタスクのスムーズなパフォーマンスを保護します。