Windows10でアプリが自動的に起動しないようにする方法[パーティションマジック]

まとめ:

アプリが自動的に起動しないようにする

Windows 10は、コンピューターをシャットダウンまたは再起動する前に実行されていたアプリを再度開きます。この問題に悩まされるかもしれません。この投稿はあなたに実行可能な解決策を与えるでしょう。ところで、 MiniToolパーティションウィザード OSを新しいハードドライブに移行する場合に役立ちます。

クイックナビゲーション:



一部のアプリを開いた状態でWindows10 PCをシャットダウンまたは再起動すると、次回の起動時にこれらのアプリが再起動される可能性があります。ちょっと迷惑ですよね?次に、Windows 10のこの機能を停止する方法は?これを無効にする効果的な方法は次のとおりです。

Windows10でアプリが自動的に起動しないようにする簡単な方法

実際、Microsoftは、Windows10でアプリの自動再開を無効にする設定を提供しています。具体的な手順を見てみましょう。



ステップ1 :クリック 開始 ボタンをクリックして選択します 設定 開く 設定 窓。を押してウィンドウを取得することもできます ウィンドウズ + ショートカットキー。



ステップ2 :選択 アカウント Windowsの設定で。

アカウントを選択します

ステップ3 :次のインターフェイスが表示されます。選択 サインインオプション 左側のメニューから下にスクロールして プライバシー 。下のボタンをクリックしてください サインイン情報を使用して、デバイスのセットアップを自動的に完了し、更新または再起動後にアプリを再度開きます 機能をオフにするには



アプリが自動的に起動しないようにする

これで、アプリの自動起動が停止しました。ボタンをクリックして回すと、この機能を再度有効にできます オン

この機能を無効にする上記のプロセスは、バージョン1709以降のWindows10にのみ適しています。 Windowsのバージョンを確認する方法を知っていますか?読むだけ この郵便受け メソッドを取得します。



以前のバージョンのWindows10の場合は、に移動する必要があります 設定 -> 更新とセキュリティ -> Windows Update -> 高度なオプション 、次にチェックまたはチェックを外します サインイン情報を使用して、更新後にデバイスのセットアップを自動的に完了します。

以前のバージョンのWindows10で機能を無効にする

注意: デバイスがドメインに参加している場合、または組織によって仕事やメールのポリシーがデバイスに適用されている場合、このオプションは使用できません。

起動時にWindowsが再び開くのを防ぐ別の方法



上記の方法に加えて、利用可能な他のいくつかの方法があります。

レジストリエディタで

ステップ1 : 押す ウィンドウズ + R [ファイル名を指定して実行]ウィンドウを開き、次のように入力します regedit 空のボックスでレジストリエディタを実行します。

ステップ2 :次のパスに従ってください:

Computer HKEY_CURRENT_USER Software Microsoft Windows NT CurrentVersion Winlogon

ステップ3 :右側の列で、を検索または作成します DWORD(32ビット)値の編集APPの再起動 、およびその起算日を次のように変更します 0 ログオン後にアプリケーションを自動的に再開することを無効にします。値を次のように変更できます 1 この機能を有効にします。

レジストリエディタでアプリが自動的に起動しないようにする

注意: 64ビットのWindowsを実行している場合でも、32ビットのDWORD値を作成する必要があります。

Windows設定のアプリで

Windows設定のアカウントと同様に、アプリを入力して迷惑な機能を無効にすることもできます。

ステップ1 :開いた後 設定 ウィンドウ、選択するだけ アプリ インターフェイスから。

ステップ2 :クリック 起動 次のインターフェイスを取得します。自動的に再起動するすべてのアプリが右側の列に表示されていることがわかります。

[スタートアップ]をクリックして、アプリの自動再起動をオフにします

ステップ3 :これらのアプリの右側のボタンをクリックして、起動時にWindowsが再び開かないようにします。それらのいくつかを選択して、機能をオフにすることができます。 インパクトノート ボタンの下。

Windows 10でアプリの自動再開を無効にする方法を紹介したので、それをオフにしますか?