Windows10で「リモートデスクトップ接続がグレー表示される」問題を解決するにはどうすればよいですか?

リモートデスクトップ接続は、Windowsでのデビュー以来、いくつかの名前が変更されています。別の機会に、Microsoftターミナルサービスクライアント、mstsc、リモートデスクトップ、またはtsclientと呼ばれています。現在、IT分野にこだわっている名前はリモートデスクトップまたはRDPです。 RDPは、同じネットワークに接続されているコンピューターまたは仮想マシンをリモートで制御できるようにする特別なプロトコルです。

IT用語では、リモート制御されているデバイスは「クライアントデバイス」と呼ばれ、接続を確立しているデバイスは「管理者」です。リモート接続は、両方のマシンが同じWiFiネットワーク上にあるか、インターネットに接続されている場合にのみ可能です。管理者は、クライアントコンピュータをリモートで制御できます。特定のRDP構成に応じて、ユーザーはすべてをリモートで制御できる場合と、クライアントPCのマウスやキーボードなどにのみアクセスできる場合があります。



カジュアルなコンピューターユーザーは、モバイルデバイスとPCを同じネットワークに接続し、後者を介して前者を制御するときに、RDPの形式を利用します。ただし、標準のRDPは主に、ITプロフェッショナル、カスタマーサポート担当者、マネージドサービスプロバイダー、またはMSPによって使用されます。 RDPは、個人がクライアントマシン上のリソースとデータに絶えずアクセス、転送、および変更する企業環境で広く使用されています。



ただし、Windows 10でリモートデスクトップを有効にするオプションがグレー表示されている場合はどうなりますか?この記事では、この問題の解決策を提供します。

リモートデスクトップが機能しないのはなぜですか?

通常、Windows10でのRDPの設定は非常に簡単です。接続がローカルネットワーク経由かインターネット経由かによって、いくつかの設定を有効にするだけで、家に帰ることができます。



メモリを更新するために、ローカルネットワーク上およびWeb経由でRDPを開始する簡単な方法を次に示します。

ローカルネットワーク上のRDP:

  • コントロールパネルを起動し、[システムとセキュリティ]をクリックします。
  • [システムとセキュリティ]画面で[システム]を選択します。
  • 左側のペインで[システムの詳細設定]をクリックします。
  • [システムのプロパティ]ダイアログの[リモート]タブに切り替えます。
  • [リモートデスクトップ]で、[このコンピューターへのリモート接続を許可する]にチェックマークを付けます。
  • ローカルネットワークを介してリモート接続するには、[ネットワークレベル認証を使用してリモートデスクトップを実行しているコンピューターからの接続のみを許可する]チェックボックスをオンにします。
  • [OK]、[適用]、および[OK]ボタンを続けてクリックして、変更を保存します。

インターネット接続を介したRDP:

  • Windows 10でリモートデスクトップアプリを起動します。まだインストールされていない場合は、Microsoftストアから入手します。
  • [追加](+)ボタンをクリックして、[デスクトップ]を選択します。
  • [PC名]セクションで、クライアントコンピューターのTCP / IPアドレス、またはプライベートネットワーク内にある場合はそのローカルIPアドレスを入力します。
  • ユーザーアカウントの横にある[+]ボタンをクリックし、クライアントPCのユーザー名とパスワードを入力します。
  • 必要に応じて、「表示名」の横にある「+」ボタンをクリックして、さまざまな設定を指定します。
  • [保存]をクリックして、リモートコンピューターを追加します。
  • クライアントPCにリモートで接続する場合は、[保存されたデスクトップ]セクションからクライアントPCを選択し、[接続]をクリックします。

もちろん、インターネットまたはローカルネットワークを介してリモート接続を機能させるには、システムプロパティの[このコンピューターへのリモート接続を許可する]オプションを有効にする必要があります。

ただし、最近、コンピューターでRDPを有効にするオプションがグレー表示され、無効になっているという苦情がたくさんあります。これは、ユーザーがオプションを有効にしてリモートデスクトップを起動できないことを意味します。影響を受けるユーザーの1人である場合は、以下の手順を使用して、Windows10でのリモートデスクトップオプションのグレー表示の問題を修正できます。



Windows10で「リモートデスクトップオプションがグレー表示される」問題を修正する方法

グレー表示されている場合に[このコンピューターへのリモート接続を許可する]オプションを選択できるようにするには、いくつかのレジストリ設定を変更する必要があります。間違いを犯すとシステム障害が発生する可能性があるため、レジストリは子供用手袋で処理できるものではありません。

ps4は自動的にオフになります

ここでヒントを先に進める前に、システムの復元ポイントを作成することをお勧めします。もう1つの良いアイデアは、レジストリをバックアップすることです。レジストリクリーナーを使用してレジストリをクリーンアップするたびに、レジストリクリーナーがレジストリバックアップを自動的に作成することをご存知ですか?

必要な予防措置を講じたら、次の手順に従って、Windows10のリモートデスクトップのグレー表示の問題を修正します。



  • WindowsロゴキーとRキーを同時に押して、[実行]ボックスを開きます。
  • 「regedit」(引用符なし)と入力し、Enterキーを押すか、[OK]をクリックします。

レジストリ内の次の場所に移動します。パスバーに貼り付けて、すばやくジャンプすることもできます。

Computer HKEY_LOCAL_MACHINE SOFTWARE Policies Microsoft Windows NT Terminal Services

  • 左側のペインでターミナルサービスを選択した状態で、右側のfDenyTSConnectionsをダブルクリックし、その値を変更します。

fDenyTSConnections値データ値のオプションは次のとおりです。

0 –ユーザーがターミナルサービス/リモートデスクトップを使用してリモート接続できるようにする



シーゲイトハードドライブライトが点灯しているが検出されていない

1 –ユーザーがターミナルサービス/リモートデスクトップを使用してリモート接続することを禁止します

  • [このコンピューターへのリモート接続を許可する]フィールドを選択可能にするには、[値のデータ]フィールドの値を0に変更し、[OK]をクリックします。

今すぐPCを再起動し、[システムのプロパティ]の[リモート]タブを確認します。グレー表示されたオプションを選択できるようになりました。

まれに、追加のレジストリの問題により、上記の修正を行った後でもオプションが表示されない場合があります。レジストリ設定がリモートデスクトップに干渉していないことを確認するために、レジストリをスキャンしてエラーを確認できます。このための推奨プログラムはレジストリクリーナーです。レジストリの安全な領域を分析して、壊れたキー、空のキー、無効なキーを探し、それらをクリーンアップします。

この記事で、Windows 10でRDPを有効にする方法と、グレー表示されたときに[このコンピューターへのリモート接続を許可する]オプションを元に戻す方法を説明したことを願っています。修正を正常に適用した後、デバイスにリモート接続することができます。