Windows 10のロック画面の背景履歴から古い画像を削除するにはどうすればよいですか?

マイクロソフトがWindows10を開発したとき、この技術会社は、特に美学と機能の点で、Windows10が優れたソフトウェア製品になることを保証しました。このバージョンでは、WindowsSpotlightが使用できるようになったことにお気づきかもしれません。これは、オペレーティングシステムのロック画面用に特別にキュレーションされた見事な画像を備えたアプリです。システムは検索エンジンBingから写真を取得し、デバイスに保存します。その結果、ロック画面の新しい背景画像が常に表示されることに気付くでしょう。

ただし、Spotlightがキュレートした画像を見たくないユーザーはたくさんいます。写真はWindowsの壁紙の通常の場所に保存されていないことに注意してください。したがって、それらを無効にする画像を見つけることは比較的困難です。ここで説明している写真は、サインイン画面には表示されないことに注意してください。代わりに、実行中にコンピューターがロックされているときに表示されます。



Windows10のロック画面の履歴から古い画像を削除する方法を知りたい場合があります。さて、先に進む前に、ロック画面の写真を背景の履歴から直接削除する方法がないことを知っておく必要があります。ただし、Windows10からロック画面のイメージ履歴を削除する方法については引き続き説明できます。



USBポートウィンドウをリセット10

自動化されたロック画面の画像を取り除く最も簡単な方法

  1. キーボードで、Windowsキー+ Iを押します。そうすることで、設定アプリが起動します。
  2. [個人設定]タイルをクリックします。
  3. 次に、左側のウィンドウメニューに移動し、[画面のロック]を選択します。
  4. 右ペインに移動し、[写真を選択]セクションに移動します。

ロック画面の背景履歴から既存の壁紙リストを削除する場合は、[参照]をクリックして他の画像を使用できます。基本的には、画像を新しい画像に置き換えるだけです。

Windows10でロック画面の画像を削除する方法

以前にデスクトップの背景履歴から最近使用した画像を削除しようとしたことがある場合は、同じ方法がロック画面の写真にも当てはまると思うかもしれません。ただし、イメージはWindowsレジストリに保存されないことに注意してください。代わりに、Windowsで保護されたシステムフォルダに保存されます。設定アプリで使用するすべてのロック画面の画像は、次のフォルダーに保存されます。



C: ProgramData Microsoft Windows SystemData User_Account_Security_Identifier ReadOnly

ProgramDataフォルダーは非表示になっていることに注意してください。そのため、アクセスして表示するには、[隠しファイル、フォルダ、ドライブを表示する]オプションを有効にする必要があります。手順は次のとおりです。

  1. エクスプローラーで、トップメニューに移動し、[表示]をクリックします。
  2. オプションを選択。
  3. [フォルダオプション]ウィンドウが表示されたら、[表示]タブに移動します。
  4. [隠しファイル、フォルダ、ドライブを表示する]オプションを選択します。
  5. [OK]をクリックして[適用]をクリックします。

非表示のフォルダーを表示した後、ProgramDataフォルダーを開き、Microsoft Windowsフォルダーを探します。



次に行う必要があるのは、SystemDataフォルダーを開くことです。ただし、システムによって保護されています。それを開こうとすると、フォルダにアクセスする権限がないことを示すエラーメッセージが表示されます。 [続行]をクリックしようとすると、フォルダを開く権限が拒否されたことを示す別のエラーメッセージが表示されます。

フォルダを開くには、フォルダの所有権を取得する必要があります。手順は次のとおりです。

  1. SystemDataフォルダーを右クリックし、オプションから[プロパティ]を選択します。
  2. [プロパティ]ウィンドウが表示されたら、[セキュリティ]タブに移動します。
  3. 表示されたリストから、ユーザー名を選択します。使用しているアカウントがフォルダを完全に制御できないことに気付くでしょう。
  4. [詳細]ボタンをクリックします。これを行うと、新しいウィンドウが表示されます。
  5. [所有者]セクションの横にある[変更]リンクをクリックします。これを行うと、新しいダイアログボックスが開きます。
  6. ユーザー名を入力し、[名前の確認]ボタンをクリックします。これを行うと、ユーザー名が正しい形式に自動的に変更されます。
  7. [OK]をクリックして、行った変更を保存します。
  8. 次に、[所有権]ダイアログボックスを終了し、[プロパティ]ウィンドウに戻ります。
  9. ユーザー名を選択し、[編集]をクリックします。
  10. 新しいウィンドウで、ユーザー名を選択し、[フルコントロールを許可する]オプションを選択します。
  11. [適用]、[OK]の順にクリックします。
  12. 行った変更を確認するように求められたら、[はい]をクリックします。

SystemDataフォルダーの所有権を取得したら、それを開くことができます。これを実行すると、次のフォルダが表示されます。

bluestacks3エンジンが起動しない
  • S-1-5-18
  • S-1-5-21-乱数と文字

2番目のフォルダーの名前にユーザーアカウントのセキュリティ識別子(SID)番号があります。 「ReadOnly」というラベルの付いた別のフォルダも表示されます。そのフォルダを開くと、次のフォルダが表示されます。



  • LockScreen_A
  • LockScreen_B
  • LockScreen_C
  • LockScreen_D

これらのフォルダーの数は、すべてのコンピューターで同じではないことに注意してください。各フォルダ内には、ロック画面の背景履歴画像が元の解像度で表示されます。ただし、小さいサムネイルサイズ、つまり108×108、151×151、194×194ピクセルでも表示されます。

Windows10でexeファイルを見つける方法

画像を削除したい場合は、フォルダにあるファイルを削除するだけです。これを行うと、設定アプリの[ロック画面の背景履歴]リストに写真が表示されなくなります。一方、ロック画面の背景として新しい画像を使用する場合は、上のフォルダにあります。

Windows Spotlightは、PCエクスペリエンスを向上させることになっています。ただし、自動化された画像が気に入らない場合は、いつでも削除することができます。一方、Windowsエクスペリエンスを真に改善したい場合は、BoostSpeedを使用することをお勧めします。



このツールには、一時ファイル、未使用のエラーログ、残りのWindows Updateファイル、Webブラウザキャッシュなど、あらゆる種類のPCジャンクを一掃できる強力なクリーニングモジュールがあります。また、最適ではないシステム設定を構成し、操作とプロセスをより速いペースで実行するように促します。 BoostSpeedを実行すると、コンピューターの全体的なパフォーマンスが大幅に向上することがわかります。

他にどのようなWindows10関連の問題を解決してほしいですか?

下のコメントセクションで遠慮なく質問してください!