Windows 10でタスクバーが隠れない問題を修正するにはどうすればよいですか?

Windowsエクスペリエンス全体は、タスクバーなしでは完全ではありません。ほとんどの人、特に1995年からOSを使用している人にとって、この機能は日常のコンピューティング活動の便利な部分になっています。ただし、気を散らすことのないシームレスなデスクトップを楽しむことを好む人はまだいます。あなたがその1人である場合は、Windows10でタスクバーを非表示にする方法を学ぶ必要があります。

多くの人は、Microsoftがユーザーがデスクトップのタスクバーを非表示にできる機能を開発したことを知りません。一方で、すでにその機能を知っているのに活用できない方もいらっしゃいます。同じ問題を共有している場合でも、Windows10で非表示にならないタスクバーを修正する方法を説明しますのでご安心ください。



デスクトップでタスクバーを非表示にする方法

  1. キーボードで、Windowsキー+ Sを押します。
  2. 「設定」(引用符なし)と入力し、Enterキーを押します。
  3. 設定アプリが開いたら、[個人設定]を選択します。
  4. 左側のウィンドウメニューに移動し、[タスクバー]をクリックします。
  5. 右側のペインで、次のオプションを有効にします。
  6. デスクトップモードでタスクバーを自動的に非表示にする
  7. タブレットモードでタスクバーを自動的に非表示

有効にする



Windows10でタスクバーが隠れない問題を修正する方法

Windows 10で非表示にならないタスクバーを修正する最も簡単な方法は、ファイルエクスプローラーを再起動することです。これを行うには、以下の手順に従います。

  1. キーボードで、Ctrl + Shift + Escを押します。これにより、Windowsタスクマネージャーが表示されます。
  2. [詳細]をクリックします。
  3. Windowsエクスプローラーを右クリックし、[再起動]を選択します。

Windowsファイルエクスプローラーを再起動したら、タスクバー領域以外のデスクトップ上の任意の場所をクリックします。タスクバーを自動的に非表示にできるはずです。



タスクバー設定の変更

前の手順を試しても問題が解決しない場合は、より複雑な手法に進むことができます。一部のプログラムがタスクバーに直接表示されていない可能性がありますが、それらは矢印アイコン内にあります。これは、タスクバーの設定を変更することで修正できます。手順は次のとおりです。

  1. タスクバーの検索アイコンをクリックします。
  2. 「設定」(引用符なし)と入力し、Enterキーを押します。
  3. [個人設定]をクリックし、左側のメニューで[タスクバー]を選択します。
  4. 通知領域の下にある[タスクバーに表示するアイコンを選択する]オプションをクリックします。

[通知領域にすべてのアイコンを常に表示する]オプションを[オフ]の位置に切り替えて、問題の原因となっているアプリケーションを特定できます。特定のプログラムからの通知が必要ない場合は、それらを無効にすることもできます。これを行うには、[通知とオプション]の[アプリや他の送信者から通知を受け取る]オプションを[オフ]の位置に切り替えます。

上級者向けのヒント:コンピューターでタスクバーやその他のシステム機能を最大限に活用したい場合は、BoostSpeedを実行することをお勧めします。このツールは、ジャンクファイル、破損した/無効なレジストリキー、システムの不安定性など、速度を低下させる問題に安全に対処します。プロセスが完了すると、タスクバーに固定されているアプリの応答が速くなります。さらに、システムの速度とパフォーマンスも全体的に向上します。