Msvcr100.dll行方不明のエラーを修正する方法は? 10の方法がここにあります[ディスクリカバリ]

まとめ:

msvcr100.dllがありません

msvcr100.dll欠落エラーは、システムの起動時またはプログラムのインストール時に頻繁に表示されます。あなたもエラーに悩まされていますか?心配しないでください。の投稿で MiniTool 、msvcr100.dllが見つからなかった問題を修正するための10のアクセス可能な方法を学びます。

クイックナビゲーション:

Msvcr100.dllとは



Msvcr100.dllは、Microsoft Visual C ++ 2010再頒布可能パッケージに含まれているWindowsDLLファイルであるか、一部のアプリケーションにもこのファイルが含まれています。 msvcr100.dllが見つからないという問題が発生すると、システムがスムーズに起動しない場合があります。

これは、Msvcr100.dllファイルがWindowsPCで正しく実行されるために一部のプログラムで必要とされるためです。さらに、このファイルは一部のWebブラウザー拡張機能で必要です。



Msvcr100 DLLが見つからないのはなぜですか?

この問題を解決するには、msvcr100.dll欠落エラーの原因を突き止める必要があります。最も一般的な原因は、ファイルを誤ってまたは誤って削除したことです。さらに、次の状況もmsvcr100.dllが見つかりませんでしたエラーの原因です。



msvcr100.dll欠落エラー

  • マルウェア/ウイルス攻撃 :コンピュータ上のウイルスまたはマルウェアは、破損または破損したmsvcr100.dllファイルにつながる可能性があります。マルウェアが原因で、深刻なデータ損失の問題が発生することもあります。
  • レジストリの問題 :msvcr100.dllが見つからないのは、無効なmsvcr100.dllレジストリエントリが原因である可能性があります。無料のレジストリツールを使用してそれらを削除できます。
  • ハードウェア障害 :場合によっては、メモリやハードドライブなどのハードウェアが、問題を引き起こす可能性のある最も可能性の高いコンポーネントです。

msvcr100.dll欠落エラーの分析に基づいて、次の10のアクセス可能なメソッドを調査しました。それでは、msvcr100.dll欠落エラーを修正する方法を見てみましょう。

解決策1.MiniToolパーティションウィザードを使用してMsvcr100.dllファイルを復元する

最初の最も簡単な方法は、Msvcr100.dllファイルをから復元することです ごみ箱 。ただし、ほとんどのユーザーと同様に、ごみ箱でファイルを見つけることができない場合があります。このとき、削除したファイルを復元するにはどうすればよいですか?



MiniTool PartitionWizardのようなプロのファイル回復ツールを使用する必要があります。削除されたファイルを簡単に回復するために使用できる信頼できるプログラムです。さらに、このプログラムは次のような多くの強力な機能をサポートしています スペースアナライザーディスクベンチマークフォーマットパーティション 、など。

今買う

不足しているmsvcr100.dllファイルを回復するために、あなたはこの投稿をすることができます ハードドライブの回復–失われたデータを回復し、失われたパーティションを復元する 詳細な手順を知るために」。



上部のデータ復旧機能をクリックします

解決策2.システムの復元を実行して、現在のシステム変更を元に戻します

「msvcr100.dllが見つかりませんでした」という問題の原因が最近のシステム変更であると思われる場合は、コマンドプロンプトからシステムの復元を実行して、それらを元に戻すことができます。この問題が発生する前に、システムの復元ポイントがあることを確認する必要があります。

この操作により、Windowsシステムが以前の状態に戻り、不足しているMSVCR100.dllファイルを復元するのに役立つ場合があります。あなたはこの投稿を読むことができます コマンドプロンプトWindows10からシステムの復元を実行する方法は? 」すべてのステップが提供されています。



rstrui.exeコマンドを実行して、システムの復元ウィンドウを開きます

解決策3.別のコンピューターからMsvcr100.dllファイルをコピーします

または、友達のコンピューターからファイルをコピーすることもできます。オペレーティングシステムはあなたのものと同じでなければならないことに注意してください。以下の手順に従って、MSVCR100.dllファイルをコピーします。

ステップ1。 タイプ cmd 検索ボックスで、右クリックします コマンド・プロンプト 結果で選択します 管理者として実行

管理者としてコマンドプロンプトを実行する

ステップ2。 ポップアップウィンドウで、 制御/名前microsoft.system コマンドとヒット 入る システム情報ウィンドウを開きます。

システム情報ウィンドウを開く

ステップ3。 次に、 Windows版 そして システムタイプ あなたの友達のはあなたと同じです。そうでない場合は、別の適切なコンピューターを見つける必要があります。

Windowsのエディションとシステムタイプを確認してください

ステップ4。 を押します Win + E 開くキー ファイルエクスプローラー 、次にパスに移動します。 C: Windows System32 または C: Windows SysWOW64 あなたが見つけるべき場所 msvcr100 ファイル。次に、USBフラッシュドライブまたは外付けハードドライブに保存します。

ファイルエクスプローラーでmsvcr100.dllファイルを検索します

ステップ5。 USBドライブからファイルをコピーして、自分のコンピューターと同じルートディレクトリに貼り付けます。

これで、影響を受けるプログラムを起動して、「msvcr100.dllが見つかりませんでした」というポップアップメッセージが表示されなくなったかどうかを確認できます。

解決策4.利用可能なWindowsUpdateをインストールします

ご存知のように、Microsoftは定期的にいくつかの新しいパッチを導入します。これらのパッチを使用して、コンピューター上の破損したDLLファイルを置き換えたり更新したりできます。したがって、WindowsUpdateのインストールを試すことができます。方法は次のとおりです。

ステップ1。 タイプ 更新 検索ボックスで、 アップデートを確認する コンテキストメニューから。

ステップ2。 新しいウィンドウで、をクリックします アップデートを確認する 右側のペインのセクションで、利用可能なすべての更新をインストールします。

[更新を確認]をクリックします

ステップ3。 アップデートをインストールした後、コンピュータを再起動し、プログラムを開いて、「msvcr100.dllが見つかりません」の問題が修正されているかどうかを確認します。

解決策5.ウイルス/マルウェアスキャンを実行する

上記のように、コンピューター上のウイルスやマルウェアも「msvcr100.dllが見つかりませんでした」エラーを引き起こす可能性があります。したがって、システム全体のウイルススキャンを実行することを強くお勧めします。このプロセスは完了するまでに少し時間がかかりますが、試す価値があります。

以前の記事では、次のようなDLLファイルに関連するさまざまな問題について説明しました。 physxloader.dllがありません 、 Steamui.dllの読み込みに失敗しました 、など。ウイルススキャンを実行する手順が記載されているこれらの投稿を読むことができます。

[今すぐスキャン]をクリックして、システム全体のウイルスをチェックします

ウイルス/マルウェアのスキャンが終了したら、プログラムを再起動して、「msvcr100.dllが見つかりません」が解決されているかどうかを確認できます。

解決策6.Microsoft Visual C ++ 2010再配布可能パッケージをダウンロードします

上記のmsvcr100.dllにない修正に加えて、DLLファイルを再インストールしてみてください。そのためには、msvcr100.dllが保存されているMicrosoft Visual C ++ 2010再頒布可能パッケージをダウンロードする必要があります。その方法は次のとおりです。

ステップ1。 あなたは知る必要があります システムタイプ (32ビットまたは64ビット)コンピューター。ここでは、を実行して取得できます 制御/名前microsoft.system のようなコマンド 解決策3

ステップ2。 を使用している場合 32ビット システムをクリックしてください ここに Microsoft Visual C ++ 2010再頒布可能パッケージをダウンロードします。を使用している場合 64ビット システムをクリックしてください ここに パッケージをダウンロードします。

注意: 適切なシステム言語を選択していることを確認してください。

ダウンロードボタンをクリックします

ステップ3。 パッケージをダウンロードしたら、画面の指示に従ってコンピューターへのインストールを完了します。

これで、影響を受けるプログラムを起動して、「msvcr100.dllが見つかりません」というエラーメッセージが引き続き表示されるかどうかを確認できます。

解決策7.メモリとハードドライブを確認します

上記の6つのmsvcr100.dllの欠落している修正がすべて機能しない場合は、マシンにハードウェア障害があるかどうかを疑う可能性があります。それらの中で、RAMとハードディスクドライブは、「msvcr100.dllが見つかりませんでした」エラーにつながる可能性のある最も一般的なハードウェアの問題です。

メモリとハードディスクドライブを確認する方法は?まず第一に、あなたは使用することができます コンピュータのRAMをテストするためのWindowsメモリ診断 。まあ、あなたはまたのような他の自由ソフトウェアを使用することができます MemTest86 そして Memtest86 + メモリをテストします。

さらに重要なことに、ハードドライブに不良セクタがあるかどうかをできるだけ早く確認する必要があります。これは、ハードドライブに障害があると、データの損失やシステムのクラッシュなどの深刻な問題が発生するためです。

同様に、MiniTool Partition Wizard FreeEditionは ハードドライブを確認してください 。操作はとても簡単です。こちらがクイックガイドです。

無料ダウンロード

ステップ1。 このソフトウェアのメインインターフェイスで、確認するハードドライブを選択し、をクリックします。 表面試験 左側のペインの機能。

ステップ2。 クリック 今すぐ始める ポップアップウィンドウのボタン。その後、MiniToolはハードディスク全体を自動的にスキャンします。不良セクタがある場合は、赤色でマークされます。

表面テストを実行するプロセス

故障したハードドライブがmsvcr100.dll行方不明の問題の実際の理由である場合は、 ディスク全体をバックアップする 予期しない損失を避けるために、できるだけ早く。または、検討することもできます 新しいハードドライブと交換する

解決策8.Windowsのスタートアップ修復を実行します

さらに、スタートアップの修復を実行できます。 DVDまたはUSBWindowsインストールメディア 。これは、すべてのWindowsDLLファイルを作業バージョンに復元するのに役立ちます。これを行うには、以下の手順に従ってください。

ステップ1。 Windowsインストールメディアを使用してコンピューターを再起動します。あなたが到着したら 今すぐインストール 画面をクリックします あなたのコンピューターを修理する アクセスするには 高度なスタートアップオプション メニュー。

[コンピュータを修復する]をクリックします

ステップ2。 ポップアップウィンドウで、クリックをクリックします トラブルシューティング>詳細オプション 一つずつ。

ステップ3。 次に、をクリックします スタートアップ修復 セクション。この修理は完了するまでに少し時間がかかります。しばらくお待ちください。

その後、システムを再起動して、「msvcr100.dllが見つかりませんでした」エラーが引き続き発生するかどうかを確認できます。

解決策9.レジストリクリーナーを使用してMsvcr100.dll欠落エラーの問題を修復する

上記のように、無効なレジストリmsvcr100.dllレジストリエントリもエラーの原因です。ここでは、無料のレジストリクリーナーを使用して問題を解決できます。 CCleaner 最も一般的なレジストリクリーナーの1つです。

したがって、無効なレジストリエントリを取り除くためにそれを使用してみることができます。ツールの使用方法がわからない場合は、をクリックしてください ここに 詳細な手順を取得します。

解決策10.Windowsのクリーンインストールを実行する

上記のすべての方法が機能しない場合、または適切でない場合は、Windowsのクリーンインストールを実行してみてください。クリーンインストールを実行すると、ハードドライブ上のすべてが削除され、Windowsの新しいコピーがインストールされることに注意してください。

したがって、すべての重要なデータを事前にバックアップしておく必要があります。その後、あなたは読むことができます この郵便受け Windowsのクリーンインストールの実行を開始します。

最近、msvcr100.dllが見つからないという問題が発生しました。長い間悩みました。私はこの記事をオンラインで見つけました。これは10のアクセス可能なソリューションを提供します。最後に、ソリューション8で問題を修正しました。おそらく、試してみてください。 クリックしてツイート

最後の言葉

さて、これでこの投稿は終わりです。私はあなたがすでにmsvcr100.dll行方不明のエラーを修正する方法を知っていると思います。ご不明な点がございましたら、経由でメールをお送りください。 [メールで保護] 。コメント欄に残されたアイデアにも感謝します。

Msvcr100DLL欠落FAQ

msvcp100 DLLはどこにありますか? Windows10のMsvcp100DLLファイルは約421,200バイトです。それはにあります C: Windows System32 または C: Windows SysWOW64 ファイルエクスプローラーのフォルダー。また、msvcr100.dllの欠落の問題が発生した場合は、必ず上記のフォルダーにファイルをコピーしてください。 msvcp100 DLLはどこにありますか?
  1. 押す Win + R 開くためのキー 実行
  2. 次のように入力します PASSWORD32「C: Windows System32 myfile.dll」 [実行]ボックスで、 入る
  3. クリック OK 次に、DLLファイルが正常に登録されたことを示す確認メッセージが表示されます。
DLLファイルにウイルスを含めることはできますか? DLLファイルはダイナミックリンクライブラリを参照します。コンピュータライブラリには、によって呼び出される関数のセットが含まれています オン 実行可能ファイル(.exe)。元の関数とウイルスペイロードを含む一般的なDLLライブラリの関数を置き換えると、一部のプログラムがウイルスで初期化される可能性があります。 古いMicrosoftVisual C ++ファイルを削除できますか? これらのファイルは削除しないでください。 VisualCのいずれかを削除したら ++ 誤って再配布可能なパッケージ、次にVisualCの特定のバージョンに依存するプログラム ++ 再配布可能ファイルは正しく実行できません。さらに、32ビットシステムと64ビットシステムの両方に複数のバージョンのパッケージが存在する可能性もあります。