更新されていない場合にMicrosoftTeamsクライアントを修正するにはどうすればよいですか?

Microsoft Teamsは、Microsoft Office365エコシステムの一部として提供される人気のチャットおよびコミュニケーションツールです。このツールはOffice365生産性スイートにスムーズに統合され、多くの便利な機能が付属しています。これにより、ユーザーはオンライン会議の開催、チャット、メモの作成、ファイルの共有、およびさまざまなMicrosoftおよびMicrosoft以外の拡張機能の使用が可能になります。つまり、デジタルチームワークを簡素化するように設計されたプラットフォームであり、すべて1つのウィンドウで実行できます。

最近のイベントに照らして、多くのコミュニケーションとコラボレーションがオンラインに移行していることを考えると、MicrosoftTeamsのようなアプリをPCで利用できるようにしておくと非常に便利です。ただし、最近、アプリケーションの更新に問題が発生する場合があることに気付いたかもしれません。この場合、心配しないでください。この記事では、MicrosoftTeamsを強制的に更新する方法について説明します。



Microsoft Teamsが更新されないのはなぜですか?

Windows 10では、すべてのシステムアプリケーションを最新の状態に保つことが重要であることをご存知でしょう。これにより、あらゆる種類のセキュリティの脆弱性を回避し、新しい機能や改善点にアクセスできるようになります。 Microsoft Teamsは自動的に更新されますか?はい、ほとんどの場合、アプリは自動的に更新されます。 Microsoftによると、アプリが自動更新を実行するために必要なのは、安定したネットワーク接続だけです。ただし、場合によっては、PCのWeb接続が安定していても、アプリが自動的に更新されないことがあります。アプリが自動的に更新されない理由はいくつか考えられます。



  • MicrosoftTeamsが正しいフォルダーにインストールされていません。アプリがデフォルトの場所にインストールされておらず、代わりにプログラムファイルフォルダーに配置されている場合、新しいバージョンが利用可能になったときにアプリを自動的に更新することはできません。
  • アプリは常に使用されています。 Microsoft Teamsアプリは、アプリがアイドル状態のときにのみ更新できます。これは、アプリを更新するために、アプリに「オフタイム」を与える必要があることを意味します。アプリの使用を終了した直後にPCの電源を切ると、アプリは更新プロセスを完了する方法がありません。

自動的に更新されないMicrosoftTeamsを解決するにはどうすればよいですか?

PCでアプリが自動的に更新されない場合は、次の2つの方法で問題を解決できます。

  • デフォルトの場所にアプリを再インストールします
  • アプリを手動で更新する

考えられる各修正について詳しく見ていきましょう。



修正1:デフォルトの場所にアプリを再インストールする

アプリが間違った場所にインストールされている場合、Windowsは新しいバージョンのMicrosoftTeamsをインストールできません。場合によっては、アプリがProgram Filesに配置されることがあり、これが自動更新で問題が発生する理由です。この問題を解決するには、MicrosoftTeamsを元の場所であるuser Appdataに移動または再インストールする必要があります。

この時点で、チームは適切な場所にいるはずです。安定したネットワークに接続している場合、新しいバージョンがリリースされたときにアプリが自動的に更新されることに問題はありません。

修正2:アプリを手動で更新する

アプリの移動が機能しなかった場合、またはアプリファイルの場所に問題がなかった場合は、Teamsを自動的に更新してみてください。方法は次のとおりです。



  • スタートメニューに移動します。
  • MicrosoftTeamsアプリを見つけます。
  • プロフィール写真をクリックします—右上隅に表示されます。
  • ドロップダウンメニューから、[更新の確認]を選択します。
  • アプリは、アップデートが利用可能かどうかを確認します。含まれている場合は、自動的にインストールされます。
  • インストールが完了するまで、アプリケーションを終了しないように注意してください。
  • アップデートがインストールされているかどうかを確認するには、[バージョン情報]に移動して[バージョン]を選択します。

上級者向けのヒント:すべてのドライバーを最新の状態に保つ

この記事の冒頭ですでに述べたように、Windowsシステムのすべての要素を維持することは非常に重要です。古いアプリやドライバーは、PCで多くのエラーや不具合の原因となる可能性があります。すべてを最新の状態に保つことは、それを回避する簡単な方法です。

アプリの更新はかなり単純なプロセスですが、システムドライバーの更新は非常に複雑です。実際、経験豊富なユーザーには、通常、ドライバーを手動で更新することをお勧めします。このプロセスには、古いドライバーを見つけ、製造元のWebサイトから更新されたバージョンをダウンロードしてから、インストールを実行することが含まれます。ドライバーの手動更新中に間違いを犯した場合、これはコンピューターに多くの深刻な問題を引き起こす可能性があります。

これが、システムドライバを更新するために専用のソフトウェアを使用する方が良いオプションである理由です。特に初めて実行する場合はそうです。 Driver Updaterのようなプログラムは、システムにリスクを与えることなく、ワンクリックでドライバーを自動的に更新するのに役立ちます。プログラムをダウンロードしてインストールし、古いドライバーをスキャンするだけです。見つかった場合、アプリはそれらを利用可能な最新バージョンにすばやく更新します。



そこにあります。これで、PCに最新バージョンのMicrosoft Teamsがインストールされ、これがもたらすすべてのメリットを享受できるようになります。上記の修正のうち、あなたにとって最も効果的なものはどれですか?以下のコメントで共有してください。