自動Windows10の自己修復を無効にする方法は?

Win 10 PCが2回連続して起動に失敗した場合、Windows 10の自己修復メカニズムがトリガーされ、問題の場所が特定されます。残念ながら、このプロセスは必ずしも簡単ではありません。たとえば、予期しないブートループの原因である可能性があります。ブートループに入ると、コンピューターは使用できない状態のままになります。

Windows 10で自動修復を無効にできますか?

これは、Windows10で自動修復を停止する方法のステップバイステップガイドです。

  1. オープンスタート
  2. プログラムのリストで、コマンドプロンプトを検索し、右クリックして[管理者として実行]を選択します。
  3. コマンド「bcdedit」を入力し、Enterボタンを押します。
  4. [Windowsブートローダー]セクションで、識別子とリカバリが有効な値を探します。彼らは読むべきです:
  • 識別子:{現在}
  • リカバリ対応:はい
  1. 自動修復を無効にするには、次のコマンドを入力してからEnterキーを押します。bcdedit/ set {current} recoveryenabled no

ここでの{current}コマンドは、ブートローダー内の特定のオペレーティングシステムをターゲットにするために使用されます。 {no}値は、自動修復を無効にします。



生として表示されているハードドライブ

コマンドプロンプトを使用したくない場合は、コントロールパネルから自動修復を無効にすることもできます。ただし、この方法では一部の値を変更する必要があります。だから、これがそれについて行く方法です:



  1. コントロールパネルを開き、[システム]を選択してから、[システムの詳細設定]を選択します。
  2. [詳細設定]タブを探して、[スタートアップとリカバリ]セクションに移動します。ここで、[設定]ボタンをクリックします。
  3. 表示されるダイアログボックスで、[システム障害]セクションに移動し、[自動再起動]チェックボックスをオフにします。
  4. [OK]をクリックして、変更を適用して保存します。

レジストリから直接自動再起動を無効にすることもできます。

これがあなたがそれをすることができる方法です:

  1. レジストリエディタ(regedit.exe)に移動します。
  2. キーHKEY_LOCAL_MACHINE SYSTEM CurrentControlSet Control CrashControlを探します。
  3. Auto Rebootパラメータを探し、「0」に設定します。
  4. キーが見つからない場合は、次のコマンドを使用して、ダイアログボックスなしでこのパラメータを0に設定できます。

v自動再起動/ t REG_DWORD / d 0 / f



結論

これらの各方法は、自動修復オプションを無効にするために機能するはずです。無効にすると、コンピュータに問題が発生した場合に診断を実行できなくなることはありません。 Anti-Malwareなどの有能なマルウェア対策ツールは、Windowsの起動の問題を引き起こす可能性のあるマルウェアからPCを保護するのに大いに役立ちます。

httpsは安全です