Word文書のすべてのセクション区切りを一度に削除するにはどうすればよいですか?

今日のWindows10チュートリアルでは、MSWordのすべてのセクション区切りを削除する方法を学習します。この機能に慣れていない場合は、セクション区切りについて知っておく必要があるすべての概要を以下に示します。

セクションブレークとは何ですか?

Microsoft Wordは、ユーザーがドキュメント内のテキストをフォーマットできるようにする無数のツールをユーザーに提供します。便利な機能の1つは、セクションの区切りです。セクション区切りを使用すると、ドキュメントをさまざまな部分に分割し、ドキュメントの個々の部分に特定のページレイアウトと書式設定オプションを設定できます。基本的に、この機能を使用すると、ドキュメント全体に影響を与えることなく、ドキュメントの1つ以上の部分をフォーマットできます。



この機能は、数百ページのドキュメントを生成していて、縦向きや横向きなどのさまざまな書式設定オプションを利用する場合に便利です。別の例は、複数の章からなるレポート、本、または紙を書いている場合です。チャプターがページの下部に表示されないようにする1つの方法は、セクション区切りを使用することです。



セクション区切りにはさまざまなタイプがあります。つまり、次のとおりです。

  • 次のページ –このタイプのセクション区切りを適用すると、カーソルの右側のテキストが次のページの新しいセクションに移動します。さらに、テキストに関連付けられているすべてのフォーマットが新しいセクションに転送されます。
  • 継続的 –このタイプのセクション区切りは、新しいセクションを作成しますが、テキストを同じページに保持します。つまり、同じページに異なるフォーマットで2つの異なるセクションを含めることができます(同じページに1列の段落と2列の段落がある以下の例のように)。
  • 偶数ページ –このタイプのセクション区切りは、カーソルの右側のテキストを次の偶数ページの上部に移動します。したがって、10ページにいて、偶数ページのセクション区切りを挿入すると、新しいセクションは12ページから始まり、11ページは空白のままになります。
  • 奇数のページ –これは、カーソルの右側のテキストが次の奇数ページに移動する偶数ページのセクション区切りの反対です。

セクション区切りが役立つのはなぜですか?

通常、Wordは、セクション区切りを挿入するまで、ドキュメントを単一のセクションとして扱います。たとえば、ヘッダーとフッター、列、行番号などのさまざまな書式設定オプションを適用するドキュメントがある場合は、セクション区切りを導入する必要があります。これにより、作業が簡単になります。

Skype接続の問題

改ページとは異なり、セクション区切りは、ドキュメントの本文テキストだけでなく、ページ余白、ページ番号、ヘッダー、およびフッターも分割します。ドキュメントに挿入できるセクション区切りの数に制限はないことに注意してください。さらに、各セクション区切りは、前のセクションのレイアウトとフォーマットのオプションを制御します。



フリーパーティションソフトウェアウィンドウズ7

ドキュメントを2つの部分に分割するとします。最初の部分では、通常の段落を1つの列として使用し、2番目の部分では、通常の段落を2つの列としてフォーマットします。セクション区切りを削除すると、区切り前のテキストは、区切り後のセクションの書式設定オプションを採用します。つまり、ドキュメントの最初の部分は2列としてフォーマットされます。

同様に、MS Wordのセクション区切りを使用すると、本の紹介のページ番号に小文字を使用し、残りのページにアラビア数字を使用できます。セクションと改ページは、ドキュメントのページネーションを制御するときにも役立ちます。

MSWordで既存のセクション区切りを表示する方法

MS Wordでは、セクション区切りと改ページはデフォルトでは表示されず、各セクションの書式設定とページ付けの変更のみを確認できます。その理由は、ブレークを印刷するときにドキュメントにブレークが表示されないようにするためです。



ただし、.docファイルを編集しているときは、セクションと改ページを確認することをお勧めします。これを行うには、[ホーム]ボタンを選択し、[表示/非表示¶]オプション(段落記号、¶、記号)をクリックします。

Wordのすべてのセクション区切りを削除する方法を知りたい場合があります。その場合は、以下のヒントを参考にしてください。

Windows10で音声を録音する方法

MSWordのすべてのセクション区切りを一度に削除する方法

  1. 開始する前に、上記で説明したように、[ホーム]> [表示/非表示]オプションをクリックして、セクションの区切りが表示されていることを確認してください。セクション区切りを手動で削除するには、セクション区切りが見つかるまでスクロールします。
  2. 完了したら、カーソルを左端から右端までドラッグしてセクション区切りを選択し、Deleteキーを押します。または、セクション区切りの直前にカーソルを置き、Deleteキーを押します。

上記の手順は、.docファイルにセクション区切りが数個しかない場合に適用できます。ただし、複数のページを扱っている場合、Wordのセクション区切り全体をすばやく削除する簡単な方法は、「検索と置換」ツールを使用することです。



従う手順は次のとおりです。

  1. 上記の手順1を繰り返し、[検索と置換]ボックスを開きます。 Word文書の右端にあります。または、Ctrl + Hショートカットキーを使用します。
  2. 開いたら、ウィンドウの左隅にある[その他]ボタンをクリックします。
  3. この操作により、詳細設定が表示されます。 [特別]ボタンをクリックして、表示されるドロップダウンリストから[セクション区切り]を選択します。
  4. 「Findwhat:」テキストボックスに「^ b」が表示されます。または、手順2の後に[検索対象:]テキストボックスに直接「^ b」と入力することもできます。
  5. 最後に、[すべて置換]ボタンをクリックします。 [置換]テキストボックスに何も入力する必要はありません。
  6. 確認ウィンドウが表示されたら、[OK]をクリックします。

それでおしまい!この操作により、.docファイル内のすべてのセクション区切りが削除されます。

MS Wordの読み込みが遅いですか、それとも頻繁にフリーズしますか?

最近、コンピューター上のMS Wordやその他のアプリの実行速度が遅いことに気づきましたか?ジャンクファイルが原因である可能性があります。通常、PCは、アプリケーションをインストールまたはアンインストールしたり、お気に入りのブラウザーを使用してインターネットを閲覧したり、Microsoft Wordなどのアプリケーションを使用したり、Windowsが更新プログラムをインストールしたりするたびに、大量のジャンクファイルを収集します。

時間の経過とともに、これらのジャンクファイルが蓄積され、貴重なディスクスペースを占有し、一部のWindows機能が最適に実行されなくなります。チェックを外したままにすると、システムが不安定になり、一定の遅延、システムの不具合、最悪の場合、ブルースクリーンオブデス(BSOD)エラーなどの無数のコンピューターの問題が発生する可能性があります。



uefiブートモードウィンドウ7

ただし、慌てる必要はありません。究極のPC最適化ツールであるBoostSpeedをインストールすることをお勧めします。このプログラムは、あらゆる種類のPCジャンクのクリーンアップ、システム設定の調整、およびコンピューターの安定性とパフォーマンスの問題の解決に専念しています。その結果、PCは新品のように動作し続けます。

他の機能の中でも、BoostSpeedはレジストリをクリーンアップし、重複ファイルを取り除き、ディスクをデフラグし、インターネット設定を最適化してブラウジングとダウンロードの速度を高速化し、不要なアプリケーションを削除して、コンパクトで効率的なシステムを提供します。

少なくとも週に1回はシステムメンテナンスを実行することをお勧めします。ただし、やることがたくさんあるので、忘れがちです。そのため、自動スキャンを定期的に実行するように設定できるスケジューラ機能があります。