Windows 10でファイル名を指定して実行(Win + R)ボックスを有効または無効にする方法は次のとおりです

実行ボックスは、Windowsの初期からの最も重要なホールドオーバーの1つです。簡単なショートカットでアクセスできる強力なツールです。 [実行]コマンドは、[実行]ダイアログとも呼ばれます。ダイアログを開いて簡単なコマンドを入力することで、Windows10のユーザーは構成オプションにすばやくジャンプできます。また、このツールを使用して、複数のウィンドウを開いたり、いくつかの機能をクリックしたりすることなく、設定にすばやくアクセスできます。

その有用性にもかかわらず、Windows 10では[ファイル名を指定して実行]コマンドを無効にすることができます。ほとんどの人は、この機能ほど便利な機能を無効にするという考えを思いつくことはできません。それでも、何らかの理由で[実行]ダイアログを無効にすることを好む人もいます。この投稿は、彼らとあなたにその方法を示しています。



実行コマンド

[実行]ダイアログは、見た目が一見シンプルです。これは基本的に、入力フィールドと3つのボタン([OK]、[キャンセル]、および[参照])を備えたボックスです。最初のボタンをクリックすると、ボックスに入力されたコマンドが呼び出され、2番目のボタンをクリックすると操作が停止して[実行]ダイアログが閉じます。一方、3番目のボタンは、コンピューター上の場所を手動で参照するために使用されます。



[実行]ボックスを使用すると、便利なWindows設定または管理機能にすばやく移動できます。このツールを使用して、レジストリまたはグループポリシーエディターにアクセスできます。また、ユーザーは、[プログラムと機能]などのコントロールパネルのオプション、またはMSWordや電卓などのWindowsアプリケーションにジャンプできます。お好みのブラウザで特定のWebページを開くこともできます。重要なのは、それぞれの場合に使用するコマンドを学び、知り、覚えることです。

実行コマンドを開く方法

おそらく、呼び出しに時間がかかりすぎることがわかったため、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを無効にする必要があります。実行ボックスを開く最速の方法を発見していない可能性があるため、フラストレーションが生じます。実際には、[実行]ダイアログを表示する方法はいくつかあります。



[実行]ダイアログを呼び出すための最良かつ最も効率的な方法は、デフォルトのキーボードショートカットを使用することです。ほとんどのデフォルトのショートカットと同様に、これもキーボードの組み合わせを押すことで構成されています。

[ファイル名を指定して実行]ダイアログの場合、押す組み合わせはWindowsキー+ Rです。

キーボードのWindowsキーを押したまま、Rキーを押します。それでおしまい。 Windowsキーは、Windowsロゴが付いたキーです。これは通常、最近のPCキーボードのFnキーと左Altキーの間にあります。



Windowsキー+ Xキーボードの組み合わせを押し、便利なWindowsプログラムのメニューから[実行]を選択して、[実行]ボックスを呼び出すこともできます。

[ファイル名を指定して実行]コマンドを開くもう1つの方法は、Windowsキーを押し、[スタート]メニューに「ファイル名を指定して実行」(引用符なし)と入力することです。この方法は、ロットの中で最も効率が悪い方法です。

[コマンドの実行]ダイアログが読み込まれたら、コマンドを入力するだけです。次に、[OK]ボタンをクリックするか、キーボードのEnterキーを押すと、必要なアクションが実行されます。



Windows10で実行ボックスを無効にする

実行ボックスは、Windows 10の一連のショートカットに追加されただけではありません。これは本当に便利で、さまざまな設定、プログラム、操作にすばやくアクセスできます。では、なぜ誰かがそれを無効にしたいのでしょうか?

一時的であっても、実行ボックスを無効にすることが必要なアクションである場合があります。たとえば、PCを他の人が使用する必要がある場合は、[実行]ダイアログを無効にして、レジストリなどの重要なWindows設定を開いたり変更したりできないようにすることができます。

[ファイル名を指定して実行]コマンドボックスを無効にすると、Windows10でのショートカットが機能しなくなります。検索結果としても表示されません。 Win + Xメニューからオプションを選択しても、それを開くことができません。



代わりに、次のエラーメッセージが表示されます。

このコンピューターの制限により、この操作はキャンセルされました。

フォーマットが正常に完了しませんでした

あなたと[コマンドの実行]ダイアログを起動しようとする他の人は、機能が再度有効になるまでこのエラーメッセージを受け取り続けます。

Windows 10で実行コマンド(Win + R)を無効にする方法

Windowsの優れている点は、すべてのトリックを知っている限り、心ゆくまでカスタマイズできることです。 Runコマンドなどの実用的な機能を必要な限りブロックして、他の人が使用できないようにすることもできます。

皮肉なことに、実行コマンドを介して一般的にアクセスされる2つの組み込みのWindows機能(グループポリシーエディターとレジストリエディター)を使用して、[実行]ダイアログの動作を停止できます。このチュートリアルでは、それらを使用して機能を無効にする方法を示します。

このガイドの2つの簡単な方法のいずれかを使用した後は、WinXメニューから[実行]にアクセスしたり、WIN + Rを使用したりすることはできなくなります。

2つのWindows機能を使用して、各操作の最後の手順を逆にすることで、[実行]メニューを再度有効にすることができます。

グループポリシーエディターで[ファイル名を指定して実行]コマンドボックスを無効にする

PCでWindows10EnterpriseまたはWindows10 Professionalが実行されている場合は、グループポリシーエディターアプレットを使用して、[ファイル名を指定して実行]コマンドを無効にすることができます。オペレーティングシステムのHomeエディションを実行しているコンピューターは、このオプションを使用できません。 2番目の方法がより適しています。

ここでの手順に従って、グループポリシーエディターを使用してWindows10で[ファイル名を指定して実行]コマンドをブロックします。

  1. Windowsキーを押しながら、キーボードのRキーを押して、[実行]ダイアログを開きます。
  2. [実行]フィールドに引用符なしで「gpedit.msc」(引用符なし)と入力します。 [OK]をクリックするか、Enterキーを押して、グループポリシーエディターを起動します。
  3. [ローカルグループポリシーエディター]ウィンドウが開きます。次の場所に移動します。

ユーザー設定->管理用テンプレート->スタートメニューとタスクバー。

ウィンドウの左側のペインにあるメニューを使用して、この場所に移動できます。または、上記のパスをパスフィールドに貼り付けて、[スタート]メニューと[タスクバー]フォルダーにすばやくジャンプすることもできます。

  1. 左側でスタートメニューとタスクバーを選択した状態で、右側の「スタートメニューから実行メニューを削除」設定をダブルクリックします。
  2. 設定のウィンドウが開いたら、[有効]を選択して[OK]をクリックします。

それでおしまい。 Windows 10で[実行]ダイアログを無効にしました。これは、WindowsキーとRの組み合わせを押すことでテストできます。何も起こらないことがわかります。スタートメニューから実行メニューを起動しようとしても、開きません。

グループポリシーエディターを使用してWindows10でファイル名を指定して実行コマンドを有効にする方法

グループポリシーエディターでファイル名を指定して実行コマンドを無効にした後、コンピューターでファイル名を指定して実行コマンドを使用する機能を復元しますか?それはとても簡単です。手順のほとんどは、上記ですでに行ったことを実行することを含みます。ただし、最後の手順に進んだら、[未構成]を選択して[OK]をクリックします。

グループポリシーエディタを使用してWindows10で[実行]コマンドを有効または無効にする場合、再起動は必要ありません。行った変更は、[OK]ボタンをクリックするとすぐに適用されます。

レジストリエディタでファイル名を指定して実行コマンドボックスを無効にする

レジストリエディタを使用してWindows10で実行コマンドを「オフ」にするのは非常に簡単です。

この方法は、システムがWindowsのHomeエディションを実行しているユーザーに推奨されます。ただし、ファームウェアのエディションに関係なく、Windows10を実行しているすべての人に適しています。

ただし、レジストリを編集するときは慎重に進める必要があります。レジストリには、オペレーティングシステムとインストールされているアプリケーションの両方が正しく機能するために必要なすべての構成、設定、およびオプションが含まれています。したがって、レジストリキーを過度に変更したり、重要なエントリを誤って変更したりすると、システムがクラッシュしたり、不安定になったりする可能性があります。

レジストリエディタで何かを行う前に、レジストリのバックアップを取ることをお勧めします。以下の手順は、これを行う方法を示しています。

  1. Windowsキーを押して、スタートメニューを表示します。
  2. 引用符なしで「regedit」(引用符なし)と入力し、Enterキーを押してレジストリエディタを起動します。
  3. レジストリエディタにコンピュータへの変更を許可するように求めるUACプロンプトが表示されたら、[はい]ボタンをクリックします。
  4. [レジストリエディタ]ウィンドウで、[コンピュータ]> [エクスポート]に移動し、レジストリバックアップファイルの名前を入力します。場所を選択し、[保存]ボタンをクリックします。バックアップが作成されたら、このメソッドを使用して[実行]ダイアログをブロックできます。
  5. 次に、次の場所に移動します。

HKEY_CURRENT_USER SOFTWARE Microsoft Windows CurrentVersion Policies Explorer

ウィンドウの左側のペインにあるメニューを使用して、この場所に移動できます。または、上のパスを上部のパスフィールドに貼り付けて、エクスプローラーフォルダーにすばやくジャンプすることもできます。

  1. 左側のペインで[ポリシー]を選択した状態で、カーソルを右側のペイン内の空の領域に移動し、空のスペースを右クリックしてコンテキストメニューを表示します。
  2. コンテキストメニューで[DWORD(32ビット)値]をクリックします。
  3. [DWORD(32ビット)値]ダイアログボックスで、次の手順を実行します。
  • [値の名前]フィールドに「NoRun」(引用符なし)と入力します。
  • [値のデータ]フィールドに「1」(引用符なし)と入力します。
  • [OK]ボタンをクリックして、新しいレジストリエントリを追加します。
  • コンピュータを再起動すると完了です。

ヒント: レジストリの編集中に問題が発生した場合は、BoostSpeedのレジストリクリーナーツールを使用してすべての問題を解決できます。このツールでスキャンを実行し、すべてのエラーを修正すると、PCは著しくスムーズになり、より安定するはずです。

レジストリエディタを使用して、Windows 10で[実行(Win + R)]ボックスを有効にします

変更を元に戻して[ファイル名を指定して実行]コマンドを再び使用できるようにする場合は、非常に簡単です。レジストリエディタで手順をたどり、NoRunエントリの値データを0に変更するだけです。

明確にするために、レジストリエディタで次のパスに移動します。

HKEY_CURRENT_USER SOFTWARE Microsoft Windows CurrentVersion Policies Explorer

次に、右ペインのNoRunエントリをダブルクリックし、[値のデータ]フィールドの値を0に変更します。[OK]ボタンをクリックして、システム(またはExplorer.exe)を再起動します。

それで全部です。 [実行]ダイアログがすぐに機能し始めます。

ヒント: Windows 10で[ファイル名を指定して実行]コマンドをブロックすると、Win + Rキーボードの組み合わせでさまざまな設定やプログラムを開いたり、非表示の場所に移動したりできなくなります。これは、レジストリエディタやローカルグループポリシーエディタなどの重要なWindowsプログラムを起動する他の方法を見つける必要があることを意味します。

1つの方法は、スタートメニューにプログラムのコードを入力することです。たとえば、[ファイル名を指定して実行]コマンドがブロックされた後にグループポリシーエディターを起動する場合は、Windowsキーを押して「gpedit」(引用符なし)と入力し、Enterキーを押してプログラムを起動します。

これは、コマンドがわかっているすべてのプログラムまたはコンポーネントに対して実行できます。または、スタートメニューにプログラムのフルネームを入力するだけです。

もう1つの方法は、コマンドプロンプトまたはPowerShellで[実行]ダイアログを通常使用するコマンドを実行することです。実際のところ、[実行]ダイアログ、コマンドプロンプト、およびWindows PowerShellは、Windows 10では機能的に互換性があります(もちろん、ある程度まで)。

結論

Windows 10の[ファイル名を指定して実行]ボックスは、[ファイル名を指定して実行]コマンド、[ファイル名を指定して実行]ダイアログ、およびWin + Xコマンドとも呼ばれます。これを使用して、Windows設定の巨大な迷路の奥深くに埋もれている構成やオプションにすばやくジャンプできます。また、特定のアプリを開いて、場所がわかっているファイルにアクセスする簡単な方法でもあります。

非常に実用的な目的を果たしますが、[実行]コマンドダイアログを一時的に停止する必要がある場合があります。このガイドでは、Windows10でWin + Rキーボード機能をブロックする手順について説明します。

このガイドをよく読んだ後は、[実行]ダイアログの無効化と有効化にかなり慣れているはずです。さらに質問がある場合、または共有する興味深い情報がある場合は、コメントセクションでお知らせください。