Windows10の状態リポジトリサービスによる高いCPU使用率の修正

Microsoft Edgeを開いた後もコンピューターがフリーズまたは速度低下し続ける場合、問題はState RepositoryServiceに関連している可能性があります。多くのWindowsユーザーは、迷惑な速度低下を調査するときにイベントビューアを確認した後、これが問題であることに気付きました。

このWebページを表示している場合は、サービスによって引き起こされるCPUスパイクの解決策を探していることを意味します。結局のところ、問題を取り除くのに役立ついくつかの効果的な修正をまとめました。



Windows10のStateRepository Serviceとは何ですか?また、CPU使用率が高くなるのはなぜですか?

状態リポジトリサービスは、ブラウザに関連するWindowsサービスです。これにより、ブラウジングセッションのスナップショットをキャプチャして、別のブラウザ(場合によっては別のデバイス)を使用してブラウジングセッションに戻ることができます。また、他の多くのブラウジングアクティビティにも関与しています。



ほとんどのユーザーは、Windows 10のクリーンインストールを実行した後、サービスによるCPU使用率の急上昇に直面しました。この問題は通常、MicrosoftEdgeで外部リンクが開かれたときにトリガーされます。このサービスは、CPU使用率を20%から100%に急上昇させる可能性があります。これが発生すると、システムがフリーズして速度が低下します。

状態リポジトリサービスによって引き起こされる高いCPU使用率を修正する方法

この問題には、サービスの再起動からMicrosoft Edgeの修復まで、さまざまな修正があります。以下の各方法について説明します。問題を迅速に解決する可能性を高めるために、解決策を整理された順序で実行します。



解決策1:状態リポジトリサービスを再起動します

Windowsサービスは、特に新規インストール後、デフォルトでオンになっています。それが提供する機能を楽しみたい場合は、それをオンにしておく必要があります。問題を取り除くための最初のステップは、サービスを再起動することです。サービスを再起動すると、サービスを悩ませているグリッチが解消されます。一部のユーザーはこれを実行し、システムを再びフルスピードで実行しました。

手順は非常に簡単です。あなたがしなければならないのは、サービスアプリを開き、状態リポジトリサービスを見つけて、それを再起動することです。その方法がわからない場合は、次の手順に従ってください。

  1. タスクバーの虫眼鏡アイコンをクリックするか、WindowsキーとSキーを同時に押して、検索機能の横にある検索ユーティリティを開きます。
  2. 検索ボックスが開いたら、テキストフィールドに「services」(引用符なし)と入力し、結果リストで[Services]をクリックします。
  3. サービスアプリが開いたら、状態リポジトリサービスを見つけてクリックし、左側の[サービス(ローカル)]の下にある[再起動]をクリックします。
  4. [再起動]オプションが表示されない場合は、[停止]をクリックし、その後[開始]をクリックします。
  5. サービスを再起動したら、Microsoft Edgeを実行して、問題を確認します。

解決策2:障害のあるWindowsファイルを修復する

一部のWindowsファイルに問題があり、サービスに問題が発生している可能性があります。これらのファイルをスキャンして修復することで、問題を解決できます。これを行うには、受信トレイの展開イメージのサービスとメンテナンスツールを実行してから、システムファイルチェッカーを実行する必要があります。 DISMは、SFCツールが修復を実行するために使用するファイルを提供します。



DISMツールはWindowsUpdateを使用して修復ファイルを提供するため、インターネット接続が機能している必要があることに注意してください。

次の手順で、プロセスを順を追って説明します。

  1. [スタート]ボタンを右クリックし、[クイックアクセス]メニューから[ファイル名を指定して実行]を選択して、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを起動します。 WindowsキーとRキーを同時に押してダイアログボックスを開くこともできます。
  2. [ファイル名を指定して実行]が開いたら、テキストボックスに「CMD」(引用符なし)と入力し、Shift、Ctrl、Enterの各キーを同時にタップします。
  3. [ユーザーアカウント制御]ダイアログウィンドウが表示されたら、[はい]ボタンをクリックします。
  4. 昇格したコマンドプロンプトウィンドウが表示されます。
  5. 次に、コマンドプロンプトに次の行を入力し、その後Enterキーを押します。

DISM / Online / Cleanup-Image / StartComponentCleanup



Enterキーをタップした後、次の行に次のコマンドを入力して、Enterキーを押します。

DISM /オンライン/クリーンアップ-画像/ RestoreHealth

これで、ツールはWindows Updateユーティリティを使用して、システムファイルの適切なコピーを提供します。



  1. 次に、システムを再起動し、管理者特権のコマンドプロンプトを開いて、以下のコマンドラインを入力します。

Sfc / scannow

  1. [Enter]をタップして、ツールがアクションを完了するのを許可します。

解決策3:MicrosoftEdgeを修復/リセットする

Microsoft Edgeを開いた後、State Repository ServiceがCPUを占有するため、問題はブラウザにある可能性があります。修復してみて、問題が解決するかどうかを確認してください。プロセスは単純明快です。あなたはただ設定アプリを通過する必要があります。

何をすべきかわからない場合は、以下の手順でプロセスを説明します。

PC用の最高のPS4エミュレーター
  1. Windowsロゴキーをタップするか、[スタート]ボタンをクリックし、[スタート]メニューが開いたら歯車のアイコンをクリックします。設定アプリをより速く起動したい場合は、WindowsロゴキーとIキーを同時に押してください。
  2. [設定]が開いたら、[アプリ]をクリックします。
  3. アプリと機能のインターフェイスが表示されたら、検索ボックスに「Microsoft Edge」(引用符なし)と入力し、Enterキーを押します。
  4. Microsoft Edgeが表示されたら、アプリをクリックしてから、[詳細オプション]をクリックします。
  5. [詳細オプション]画面が表示されたら、[リセット]まで下にスクロールして、[修復]ボタンをクリックします。
  6. Windowsに修復プロセスの完了を許可してから、ブラウザを実行し、CPU使用率が再び高くなるかどうかを確認します。

解決策4:状態リポジトリサービスを停止する

Microsoft Edgeを修復しても問題が解決しない場合は、StateRepositoryサービスを停止することを検討する必要があります。これを行うと、サービスの機能を失う必要があります。特にブラウジングセッションのスナップショットを撮る必要がない場合は、システムをスムーズに実行する必要があるため、これは喜んで犠牲にする必要があります。

以下の手順に従って、サービスを停止してください。

  1. タスクバーの虫眼鏡アイコンをクリックするか、WindowsキーとSキーを同時に押して、検索機能の横にある検索ユーティリティを開きます。
  2. 検索ボックスが開いたら、テキストフィールドに「services」(引用符なし)と入力し、結果リストで[Services]をクリックします。
  3. サービスアプリが開いたら、状態リポジトリサービスを見つけてクリックし、左側の[サービス(ローカル)]の下にある[停止]をクリックします。
  4. サービスを無効にする場合は、サービスを右クリックして[プロパティ]をクリックし、[プロパティ]ダイアログの[全般]タブにある[スタートアップの種類]ドロップダウンメニューで[無効]を選択します。ただし、[スタートアップの種類]ドロップダウンがグレー表示される場合があるため、[停止]オプションを使用していつでも実行できます。
  5. サービスを停止した後、CPU使用率が高い問題を解決する必要があります。

解決策5:MicrosoftEdgeをリセットする

サービスを無効にしても効果がない場合は、MicrosoftEdgeをリセットすることを検討してください。 Windows 10の新しいコピーをインストールしたばかりか、最近アップグレードした場合は、ブラウザのインス​​トールに問題がある可能性があります。ブラウザをリセットすると、Windowsはブラウザを再インストールし、インストールファイルに関連する問題を修正します。

以下の手順に従って、ブラウザをリセットしてください。

  1. Windows + Iの組み合わせを使用して、設定アプリを起動します。
  2. [設定]のホーム画面が表示されたら、[アプリ]アイコンをクリックします。
  3. [アプリと機能]画面が表示されたら、検索機能を使用してMicrosoftEdgeを呼び出します。
  4. Microsoft Edgeが表示されたら、それをクリックしてから、[詳細オプション]リンクをクリックします。
  5. 次に、[詳細オプション]画面が表示されたら[リセット]まで下にスクロールし、[リセット]ボタンをクリックします。
  6. Windowsに修復の実行を許可してから、システムを再起動して問題を確認します。

解決策6:すべての組み込みUWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)アプリを再インストールします

一部のユーザーは、問題がMicrosoftEdgeに限定されていないと不満を漏らしました。結局のところ、設定などの他の組み込みアプリケーションにより、State RepositoryServiceがCPU使用率を引き上げる可能性があります。これが当てはまる場合は、すべての組み込みアプリケーションを再インストールして、問題が解決するかどうかを確認してください。以下にその方法を示します。

  1. タスクバーの虫眼鏡アイコンをクリックするか、WindowsキーとSキーを同時に押して、検索機能の横にある検索ユーティリティを開きます。
  2. 検索ボックスが開いたら、テキストフィールドに「コマンドプロンプト」(引用符なし)と入力します。
  3. コマンドプロンプトが結果リストに表示されたら、それを右クリックし、[管理者として実行]をクリックします。
  4. [ユーザーアカウント制御]ダイアログウィンドウが表示され、アクセス許可を要求したら、[はい]ボタンをクリックします。
  5. 管理者のコマンドプロンプトが開いたら、次のように入力するかコピーして黒い画面に貼り付け、Enterキーをタップします。

Get-AppXPackage -AllUsers | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register“ $($_。InstallLocation) AppXManifest.xml”}

行を正しくコピーして貼り付けてください。

  1. コマンドが正常に実行されたら、コマンドプロンプトを閉じてから、システムを再起動して問題を確認します。

結論

通常、遅いシステムは、オンラインで物事を成し遂げなければならないときは言うまでもなく、使用するのにイライラします。上記の修正は、State RepositoryServiceによって引き起こされるCPU使用率の急上昇を取り除くのに役立つと信じています。以下のコメントセクションを使用して、問題をどのように解決したかをお知らせください。

ジャンクファイルや壊れたレジストリキーなどの他の要素は、CPU使用率を高め、システムの速度を低下させる可能性があります。 BoostSpeedを使用すると、これらの問題を簡単に防ぐことができます。BoostSpeedは、システムを定期的にクリーンアップして、これらのエンティティを取り除きます。このプログラムはWindows10と互換性があり、干渉を引き起こしません。