修正:セキュリティ証明書の失効情報が利用できない[パーティションマジック]

まとめ:

このサイトのセキュリティ証明書の失効情報は利用できません

安全なWebサイトにアクセスしているときに、次のようなエラーメッセージが表示される場合があります。 このサイトのセキュリティ証明書の失効情報は利用できません 。この問題を取り除くために、 MiniTool このガイドを作成して、いくつかの実行可能なソリューションについて学ぶことができます。

クイックナビゲーション:



セキュリティ証明書は、ブラウザとアクセスしているWebサイト間の信頼を確立するために機能します。セキュリティ証明書は、パスワードの漏洩、内部ハッキングの試みなど、さまざまな理由で取り消される可能性があります。セキュリティ証明書が取り消されると、証明書失効リスト(CRL)にリストされ、発行者から信頼されなくなります。

一部のユーザーは、フォーラムでセキュリティ証明書の失効情報が利用できないと報告しています。報告によると、彼らは セキュリティーアラート 特定の安全なWebサイトにアクセスしているときにダイアログを表示し、 このサイトのセキュリティ証明書の失効情報 利用できません。



失効情報は利用できません

エラー0xc1900204



このエラーメッセージが表示された場合はどうすればよいですか?試してみることができるいくつかの回避策があります。

修正1:データと時間の設定を調整する

システムのデータと時刻が正しくない場合、この場合のセキュリティ証明書の問題を含む多くの問題が発生する可能性があります。だから、あなたは行くべきです システムデータと時間設定を調整します それらが正しいことを確認します。

ステップ1 : 探す コントロールパネル Cortanaで、検索結果でクリックして開きます。



ステップ2 :選択 時計と地域 カテゴリとヒット データと時間

プリンタードライバーは利用できません

ステップ3 : の中に データと時間 ウィンドウ、スイッチ インターネット時間 タブをクリックしてクリックします 設定を変更する

ステップ4 :ポップアップウィンドウで、 インターネットタイムサーバーと同期する 。次に、設定します time.windows.com デフォルトのサーバーとしてクリックします 今すぐアップデート ボタン。



日付と時刻の設定を調整する

完了したら、コンピュータを再起動し、Webサイトに再度アクセスして、「このサイトのセキュリティ証明書の失効情報が利用できません」というエラーメッセージが表示されていないかどうかを確認します。

修正2:特定のプログラムを削除する

この問題は、アプリケーションの競合に関連していると報告されています。コンピューターに特定のセキュリティアプリをインストールしている場合、それらがセキュリティ証明書に干渉する可能性があります。既知の問題のあるプログラムは次のとおりです。 McAfee Web Advisor そして ブラウザディフェンダー



これが当てはまる場合は、問題のあるアプリケーションを無効にするか削除するためのアクションを実行する必要があります。あなたは参照することができます このガイド プログラムをアンインストールします。また、拡張機能タイプのセキュリティアプリをお持ちの場合は、ウェブサイトへのアクセスに使用しているブラウザから、それぞれの拡張機能またはアドインを削除する必要があります。

修正3:Javaを更新する

さらに、古いJavaは、「このサイトのセキュリティ証明書の失効情報が利用できません」という問題を引き起こす可能性もあります。特定の古いJavaバージョンは、証明書が保存されているWebサイトにアクセスできない可能性があることが証明されています。

したがって、Javaを更新するのは良い選択です。 Javaバージョン 時代遅れです。これを行うには、Javaの公式Webサイトにアクセスして、最新バージョンをダウンロードする必要があります。次に、指示に従ってコンピュータにインストールします。

最新バージョンのJavaをインストールした後、Webサイトに再度アクセスして、問題が解決したかどうかを確認できます。再度エラーメッセージが表示された場合は、次の解決策に進んでください。

Windows 10 OEMvs小売

修正4:発行者の証明書失効のチェックを無効にする

これは、エラーが発生したWebサイトにアクセスするたびにエラーメッセージが表示されないようにするための方法にすぎません。この方法ではこの問題を完全に解決できない場合がありますが、試してみることができます。

ステップ1 : 押す ウィンドウズ + R 開く 実行 窓。

ステップ2 :入力 inetcpl.cpl をクリックします OK 入力するボタン インターネットプロパティ インターフェース。

ハードドライブはどのように機能しますか

ステップ3 : 切り替える 高度な タブをクリックして下にスクロールします セキュリティ セクション。チェックを外します 出版社の証明書失効を確認する 設定。

パブリッシャーの証明書失効設定のチェックを無効にする

ステップ4 :クリック 適用する そして OK 変更を保存します。

その後、デバイスを再起動し、エラーメッセージなしでWebサイトにアクセスできるかどうかを確認します。