最善の修正:システム予約済みパーティションWindows10を更新できませんでした[パーティションマジック]

まとめ:

できなかった

Windows 10をアップグレードしようとすると、「」というエラーが表示されることがあります。 システム予約パーティションを更新できませんでした 'その後、アップグレードは中止されます。この問題にも悩まされている場合は、この記事を読んで最善の解決策を見つける必要があります。

クイックナビゲーション:



Windows7またはWindows8.1からWindows10にアップグレードすると、非常に迷惑なエラーメッセージが表示される場合があります。 システム予約パーティションを更新できませんでした 'そして、大きな不本意でアップグレードを停止する必要があります。

システム予約パーティションを更新できませんでした



さて、このエラーの正確な原因を知りたいですか、それともアップグレードを成功させるための障害を取り除く方法を知っていますか?良いアイデアがない場合は、この投稿を読んでください。問題なく機能することが証明されている2つの解決策とともに、理由を説明します。



「Windows10アップグレードでシステム予約パーティションを更新できませんでした」エラーの2つの原因

一連のテストと調査の結果、このエラーの2つの原因が見つかりました。

原因1 :システム予約パーティションがいっぱいです。 Microsoftによると、一部のサードパーティのウイルス対策およびセキュリティアプリは、システムの予約済みパーティションに書き込み、パーティションがいっぱいになる可能性があります。



原因2 :システム予約パーティションのファイルシステムが正常に動作していません。

クリックしてツイート

原因が見つかったので、問題を簡単に修正できるはずです。エラーの原因がディスク容量が少ない場合は、システムの予約済みパーティションサイズを増やします。ファイルシステムエラーが原因でエラーが発生した場合は、代わりにWindows 7 /8.1システム予約パーティションのファイルシステムを修正してください。



それにもかかわらず、Windowsはこれらの操作を実行するための使いやすく効果的なソリューションをユーザーに提供していないため、ユーザーは無料のサードパーティのパーティション分割プログラムを使用することをお勧めします。幸運なことに、 MiniToolパーティションウィザード無料版 ユーザーに大きな驚きをもたらします。

xboxサインインエラー0x800488fc

「Windows10アップグレードでシステム予約済みパーティションを更新できませんでした」エラーをすばやく修正する方法

クイックビデオガイド:



ほとんどのユーザーはこのエラーの実際の原因がわからないため、最初にシステム予約済みパーティションのプロパティを表示および確認する必要があります。 MiniTool Partition Wizardは、パーティションのプロパティを明確に表示します。

ダウンロードしてインストールしてください MiniToolパーティションウィザード無料版 お使いのコンピュータで。

無料ダウンロード

次に、フリーウェアを実行して起動し、メインインターフェイスを取得します。

MiniToolパーティションウィザードのメインインターフェイス

上の画面から、最初のパーティションが次のようにマークされていることがわかります。 システム予約済み 、そしてそれは常に私たちが探しているものです。

それにもかかわらず、例外があります。システム予約済みとして表示されず、他のラベルが付いている場合があります。次の例を見てみましょう(下の画像を参照)。

システム予約済みとしてラベル付けされているパーティションがないことがわかります。さて、それはこのコンピュータにそのようなパーティションがないことを意味しますか?もちろん違います。実際、ユーザーは、システム予約済みパーティションを他のパーティションと区別するために、ラベルよりもパーティションのステータスを確認したほうがよいでしょう。 アクティブ 常に私たちが探しているものです。したがって、上のスクリーンショットでは、RECOVERYというラベルの付いたパーティションがシステム予約済みパーティションです。

システム予約パーティションを特定する

ヒント: GPTディスクでは、このパーティションはシステム予約パーティションとは呼ばれませんが、EFIシステムパーティション(ESPと略されます)と呼ばれます。下の画像をご覧ください。

EFIシステムパーティション

正しいパーティションが見つかったら、このパーティションの未使用領域を確認してください。

このパーティションに空き領域がほとんどまたはまったく残っていない場合、「Windows 10アップグレードでシステム予約済みパーティションを更新できませんでした」エラーは、主にシステム予約済みパーティションまたはESPのディスク容量が少ないことが原因です。このような状況では、ファイルを除いて削除するのではなく、パーティションを拡大することが最善の解決策です。

次に、Windows10のアップグレードエラーの修正を始めましょう。

システム予約済みまたはEFIシステムパーティションサイズを増やすことでWindows10アップグレードエラーを修正

ヒント: 現在、レガシーBIOS + MBRとUEFI + GPTは、Windowsプラットフォームで最も一般的に見られる2つのブートモードです。異なるモードでは、システム予約パーティションを拡張する操作が少し異なるため、両方のモードの詳細な手順を示します。

レガシーBIOS + MBRブートモードでシステム予約パーティションを拡張

MBRディスクからWindowsを起動する場合は、次の操作を行ってください。

Windows10のぼやけたアプリ

MiniTool Partition Wizard Proを購入して、MiniTool PartitionWizardブータブルメディアを作成します。 (ここでは、実行中のWindowsOSでProEditionを使用して、プロセスを示します。)

今買う

ステップ1 :起動可能なCD / DVDまたはUSBフラッシュドライブを作成します。手順については、Bootable MediaBuilderを使用してブートCD / DVDディスクとブートフラッシュドライブを構築する方法をご覧ください。

ステップ2 :MiniTool Partition Wizard BootDiscからコンピュータを起動します。

ステップ3 :MiniTool Partition Wizardのメインインターフェイスを表示しているときに、システム予約済みパーティションを選択し、「」を選択します。 パーティションの拡張 '左側のアクションパネルの機能。

ステップ4 :同じディスク上の他の既存のパーティションから空き領域を取得してターゲットパーティションを拡張し、[']をクリックします。 OK '。

ステップ5 :クリック 適用する すべての変更を実行するには、上部の 'ボタン。

これらの手順の後、システム予約済みパーティションのスペースの増加が完了しました。詳しくはこちらをご覧ください パーティションの拡張 。そして、Windows10にアップグレードできるはずです。

UEFI + GPTブートモードでEFIシステムパーティションを拡大

GPTディスクでWindowsを実行しているユーザーの場合、次の手順を実行してEFIシステムパーティション(ESP)のサイズを増やすことができます。

MiniTool Partition Wizard Proを購入して、MiniTool Partition Wizard BootableCDを作成します。

今買う

ステップ1: MiniToolパーティションウィザードのブートディスクを作成します。

ステップ2: MiniTool Partition Wizard Boot Discを介してコンピュータを起動し、パーティションレイアウトを取得します。

MiniTool PartitionWizardブータブルメディアのメインインターフェイス

ここで、アクティブとしてマークされた100MB ESPパーティションは、拡大する必要のあるパーティションそのものであり、現在、使用可能な空き領域があまりありません。しかし、幸いなことに、認識可能なファイルシステムを備えた他の既存のパーティションから空き領域を取得することで拡大できます( FATまたはNTFS )同じハードディスク上。たとえば、ESPパーティションには未使用スペースの半分が残っているため、パーティションCから空きスペースを取得することでESPパーティションを拡張できます。もちろん、そのようなスペースがあれば、未割り当てスペースを利用して拡大することもできます。

ステップ3 :Microsoft予約パーティションを削除する

ただし、上記の場合、EFIシステムパーティションを拡張する場合( ESP )パーティションCから空き領域を借りて、16MBのMicrosoft予約パーティションを削除する必要があります( MSRパーティション )最初は、パーティションウィザードがファイルシステムを認識できないためです。

それでは、ユーザーがEFIシステムパーティションを拡大する場合は、MSRパーティションを削除する必要があるということですか?もちろん違います。実際には、MSRパーティションがEFIシステムパーティションと空き領域を取得するパーティションの間にある場合にのみ、削除する必要があります。そうでない場合、拡張プロセスは停止します。既存のパーティションを削除する詳細な手順については、を参照してください。 パーティションを削除する 。

ヒント: Microsoftの予約済みパーティションを削除しても、データとシステムの両方に害はないため、ユーザーは心配することなく削除できます。

ステップ4 :EFIシステムパーティションを拡大する

EFIシステムパーティションを選択し、 'を選択します パーティションの拡張 '左側のアクションパネルの機能。次に、 'のドロップダウンリストからパーティションCを選択します。 から空き領域を取得します '次に、スライドハンドルをドラッグして、使用する空き領域を決定します。次に、「」をクリックします OK 'メインインターフェイスに戻ります。

最後に、「」をクリックします 適用する 'ボタンをクリックして、実行したすべての変更を行います。

Windows10ストアを再インストールします

すべての変更が行われた後、Windows7または8.1をWindows10に再度アップグレードしてみてください。

ヒント: 多くのユーザーが電子メール、電話、またはオンラインチャットで同じ問題について私たちに相談し、最終的にWindows 7または8.1のシステム予約パーティションサイズを増やすことでエラーを修正したので、試してみることができます。データとシステムの両方に損傷を与えることはありません。

ただし、システム予約パーティションに多くの空き領域がある場合、最も可能性の高い理由はファイルシステムエラーです。この場合、システム予約パーティションまたはEFIシステムパーティションのファイルシステムを確認・修正してみてください。

Windows 7 /8.1のシステム予約パーティションのファイルシステムを修正

ステップ1 :MiniTool Partition Wizard FreeEditionをダウンロードしてインストールします

Windows 7 / 8.1でシステム予約パーティションのファイルシステムを確認・修正するには、ダウンロードしてインストールしてください MiniToolパーティションウィザード無料版 。

無料ダウンロード

ステップ2 :システム予約済みまたはEFIシステムパーティションにレターを割り当てる

「ファイルシステムの確認」は、選択したパーティションにドライブ文字がある場合にのみ使用できるため、システム予約パーティションまたはEFIシステムパーティション(ESP)を選択して、「」をクリックしてください。 ドライブ文字を変更する 'アクションパネルから機能します。次に、ドライブ文字を割り当て、[OK]をクリックしてメインインターフェイスに戻ります。最後に、「」をクリックします 適用する この変更を実行するには、上部の[]ボタンをクリックします。

システム予約パーティションのドライブ文字を追加します

ステップ3 :システム予約済みまたはEFIシステムパーティションのファイルシステムを確認して修正する

システム予約済みまたはEFIシステムパーティションを再選択し、 'を選択します ファイルシステムを確認する '機能。次に、 'を選択します 検出されたエラーを確認して修正 'この機能はすべてのファイルシステムエラーを検出し、それらを次々に修正するため、次にクリックします' 開始 'ボタンをクリックして、チェックと修正を開始します。

システム予約パーティションのファイルシステムを確認して修正する

ファイルシステムエラーが見つかって修正された場合、ユーザーはWindows 10へのアップグレードを再試行できます。今回は、「Windows10アップグレードでシステム予約済みパーティションを更新できませんでした」というエラーは発生しません。

概要

Windows7または8.1をWindows10にアップグレードするときに、「システム予約済みパーティションを更新できませんでした」というエラーに悩まされていませんか?はいの場合は、解決策の1つを使用して修正してみてください。私たちのソリューションがあなたのケースに役立つことが証明された場合、同じ問題に悩まされているより多くの人々を助けるためにそれを共有していただけますか?または、他に良いアイデアがあれば、私たちと共有してください。とても有難い!