Windows11で復元ポイントのショートカットを作成する3つの方法[ディスクの回復]

概要 :

Windows11で[復元ポイントの作成]ショートカットを設定する

Windows 11で[復元ポイントの作成]ショートカットを設定するにはどうすればよいですか?チュートリアルは、によって提供されるこの投稿にあります。 MiniToolパーティションウィザード Webサイト。

クイックナビゲーション:



Windows 11は、Microsoftが提供する新しいオペレーティングシステムです。 Windows10の後継としてWindows11はWindows10をベースにしていますが、いくつかの変更または改善された機能が付属しています。そして、Windows10ユーザーは Windows11にアップグレードする 彼らのPCが会う限り無料 Windows11のシステム要件

最近Windows11にアップグレードした場合は、その機能やユーザーインターフェイスに慣れていない可能性があります。心配しないで。あなたは私たちのウェブサイトで多くの関連するチュートリアルを見つけることができます。この投稿では、Windows11で[復元ポイントの作成]ショートカットを設定する方法について学習できます。



復元ポイントを使用すると、Windows 11を以前の状態に復元できます。これは、特に システムが機能しない ちゃんと。



システムを復元するには、以前の復元ポイントが必要であることに注意してください。復元ポイントを作成するにはどうすればよいですか?通常、あなたは検索することができます 復元ポイントを作成する アクセスするには システム保護 効用。そして、をクリックします 作成 ボタン。

ショートカットがある場合は、復元ポイントをすばやく作成できます。そしてここに3つの方法があります。

方法1:デスクトップに復元ポイントのショートカットを作成を追加する

デスクトップに[復元ポイントの作成]ショートカットを設定した後、ショートカットをダブルクリックすると、ツールにすばやくアクセスできます。以下の手順に従ってください。



ステップ1 :デスクトップの空きスペースを右クリックして、 新しい >> ショートカット

新しいショートカット

ステップ2 :ポップアップウィンドウで、以下の内容を入力してクリック 続ける:



%windir% System32 SystemPropertiesProtection.exe

ショートカットを作成する

ステップ3 :ボックスにこのショートカットの名前を入力し、[ 終了 ボタン。



これで、デスクトップの[復元ポイントの作成]ショートカットをダブルクリックして、システム保護ツールにアクセスできます。次に、[作成]ボタンをクリックして、システムの復元ポイントの作成を開始できます。

方法2:復元ポイントを作成するためのキーボードの組み合わせを作成する

復元ポイントの作成ショートカットを作成したら、そのホットキーを作成できます。そして、あなたはただする必要があります:

ステップ1 :デスクトップの[復元ポイントの作成]ショートカットを右クリックして、[プロパティ]を選択します。

ステップ2 : 下 ショートカット タブで、横のボックスをクリックします ショートカットキー オプションを押してからを押します R ショートカットキーを次のように設定します Ctrl + すべての + R

ショートカットキーを作成する

ステップ3 : クリック 申し込みわかった 変更した設定を保存します。

次回復元ポイントを作成するときは、を押すことができます Ctrl + すべての + R システム保護ツールにアクセスして操作を実行します。

方法3:タスクバーまたはスタートメニューに復元ポイントの作成を固定する

スタートメニューとタスクバーは、ツールにすばやくアクセスするのにも役立ちます。 [復元ポイントの作成]ショートカットをタスクバーまたは[スタート]メニューに固定するのは非常に簡単です。デスクトップのショートカットを右クリックして、[ 開始するためのピン

開始するためのピン

ショートカットをタスクバーに固定する場合は、ショートカットを右クリックして[その他のオプションを表示する]を選択し、[タスクバーに固定]を選択する必要があります。

タスクバーに固定する

さらなるヒント:

Windows11で問題が発生した場合 MiniToolパーティションウィザード 役立つかもしれません。これは、ディスク管理のための専門的で信頼性の高いツールです。これを使用して、パーティションを管理できます。もし、あんたが 重要なファイルを失う 、このツールを使用して簡単に回復することもできます。

次のボタンをクリックして、このツールをダウンロードしてお試しください。

無料ダウンロード